上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頑張ってイタリアのソムリエ2、3と続きましたので(笑)、今日は少し軽い話題を!



Saraが早くも日本食よりイタリアン好きなことは何回かお話ししたと思いますが、
その中でも彼女の好物のナンバーワンがラグーのパスタではないでしょうか*



ラグーの良い点は、大量に作って冷凍できること。
解凍しても、ほぼ作りたてと同じ美味しいさを味わえること、だと思います。
そして結構雑に作っても、煮込み次第ではとっても美味しいラグーが出来上がります!!



ラグー 038ラグー 042

~作り方~
1・人参2本、ねぎ1本、玉ねぎ2個、セロリ1本、にんにく2かけを適当な大きさに切り、オリーブオイルで炒める。
 (料理本にはみじん切りにするとありますが、野菜は煮込むとほぼ溶けるのであまり気にしなくてもOK)
2・牛、豚のひき肉(あるいは牛のみ)600gを厚手の鍋に入れ、炒めた野菜を加えて混ぜる。(写真左)
3・粗く切ったトマト(大)2個、トマト缶1缶のトマトを潰したもの、水200ccと塩少々を2に入れる
  (この段階で好みで、適量のイタリアンパセリ、バジリコ、セージなどをちぎって入れてもOK)
4・ぐつぐつと弱火で1時間ほど煮る(写真右)
5.時々かき混ぜて、更に弱火で2時間ほど煮る



ラグー 054

ラグーの完成品がこちら!



このレシピに出会う前までは、野菜を全てみじん切りにしたりと結構面倒で、
作る前にかなり気合が必要だったのですが(笑)、今ではとっても気楽に作れるようになりました!
ポイントは、グツグツと3時間くらい煮込むこと。
濃厚でコクがあるラグーが出来上がりますよ~♪




ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト

コメント - 15

keittey  2008, 10. 30 (Thu) 06:43

Masamiさん、すごくおいしそうです~^^!

今日買い物に行くので、早速作ってみようかな~。
作り方もシンプルなので、作ってみたい!!っていう気になってます~^^。
パスタと一緒に食べられるのですか?
パンでもいいのかしら。
イタリアの本場レシピなら、マイダも大好きに違いない^^!
サラちゃんも大好物なのですね~。
おなかがすいてきました~。

編集 | 返信 |  

ぴぎゃ  2008, 10. 30 (Thu) 08:10

とりあえず、メモりました!('∇')ゞ
仕上がりの色のいいこと!
これは一度作ってみたい・・・
ミートソースってうなるほどの味に出会ったこともなく、今まで1~2回くらいしか作ったことがありません・・・。
3時間も煮込めば結構とろとろになるのでしょうか?
厚手のなべ、これってテフロンですか?テフロンじゃなくてもこげたりする心配ないでしょうか?

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 30 (Thu) 12:13

*Keitteyさんへ

美味しそうなんて、嬉しいです~♪

このラグーは普段はパスタ、ニョッキのソースとして食べるけど、
パンともバッチリだと思いますよ~^^

SaraもAlbertoも大好きなので、
マイダさんもきっと喜んでくれると思いますよ~!!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 30 (Thu) 12:20

*ぴぎゃさんへ

私もイタリアに来てから、美味しいラグーを食べるようになりました!
本場イタリアのラグーは、日本のミートソースとはやっぱりちょっと違いましたね~(笑)

もう出来上がりはお野菜もお肉もはトロトロですよ!

お鍋はやっぱりテフロンの方がいいかも・・。ただ材料が一度沸騰したらその後はずっと弱火なので、殆ど焦げないとは思いますけどね^^

編集 | 返信 |  

サレルニターナ  2008, 10. 30 (Thu) 17:22

おいしそうに出来あがってますね、ラグー。
うちの昨晩の夕食はラグーのパスタでしたよ。夫が好きで時々作ります。
レストランで食べると脂肪分やオイルが多くてギトギトしてる
ことも多くて苦手ですが、お家でつくるソースって新鮮な材料を
使ってつくるからやはりおいしいですよね。

編集 | 返信 |  

ピッコリーナゆか  2008, 10. 30 (Thu) 17:28

今日はラグー講座ですね。トマトたっぷりだと美味しいですよね。
3時間煮込むのは面倒くさがりの私には厳しいかな。
煮込んでることを忘れて昼寝をしちゃいそう!

やっぱりイタリアンはラグーが好きですね。CCBが食べたいっていうと
作ります。トマトジュースで1時間程でできて、私も冷凍→家事をしたくない
時に活用中です☆

編集 | 返信 |  

ローラン  2008, 10. 30 (Thu) 22:35

ラグーって言うのですね? ミートソースかと思いましたが、そうかミートソースは英語ですね。もしくは和製英語か?
時々やはり1時間くらい煮込んで作っていましたが、それじゃ時間が足りないのですね。そして、やはり缶のトマトだけではダメなのですね。缶だけだとどうしてもコクが出なくて。
今度余裕のある時に作ってみます。さんきゅーが大好きなので♪ ←やはりご飯よりもピザとかパスタとかの方が大好きなさんきゅーです^^; 

編集 | 返信 |  

colnago  2008, 10. 31 (Fri) 00:09

ラグーって言うんですね( ..)φメモメモ
沖縄の豚肉でアグーは食べた事があったので、ラグーってどんな動物だろう?と一瞬思いました(笑)
私もパセリとか香味野菜で煮込んだミートソース大好きです。
沢山作ったら、残りにカレー粉などを入れてエスニック風に変化させ、タコライスにしちゃいます!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 31 (Fri) 07:23

*ピッコリーナゆかさんへ

3時間煮込むのは、やっぱり長いですかね~(笑)
私も時々、「あっ、かき混ぜなくちゃ!」って慌てますけれどね!

CCBさんも自家製ラグーを作るのですね*
イタリア人にとっては子供の頃から馴染んだ味、
異国に住んでいても食べたくなるのでしょうね~!

冷凍できて、解凍しても美味しいものは主婦の見方ですよね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 31 (Fri) 07:28

*ローランさんへ

考えてもみなかったですが、ミートソースはきっと和製英語なんでしょうね~!
イタリアではラグーなんですよ(笑)

トマト缶は当たり外れがあるみたいで、酸味が強いトマトを使っている場合は、
やっぱりちょっと酸っぱく出来上がってしまうみたいですね!
さんきゅーさんも洋食?が好きなんですね*気に入ってもらえると嬉しいです~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 31 (Fri) 07:31

*サレルニターナさんへ

サレルニターナさんの旦那様もラグーがお好きなんですね!
やっぱりこれは幅広いイタリア人に好まれるお料理なんですね~*

確かに家で作るとお野菜も一杯入れられるし、
栄養バランス満点のラグーが出来上がりますよね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 31 (Fri) 07:34

*colnagoさんへ

ラグーは日本には浸透していない呼び名だったのですね、
説明無しで失礼いたしました~(笑)

ラグーにカレー粉を入れて、タコライス、
美味しそう~!早速やってみます~♪

編集 | 返信 |  

もろあい  2008, 11. 23 (Sun) 00:36

こんにちは。はじめまして。
ぴぎゃさんのところから来ました。
美味しい!という言葉にひかれてやってきました。

上記のレシピ保存しました。
今度チャレンジしてみますね。

でも、3時間ぐつぐつ・・・ってすごいですね。火をつけていることを忘れそうです。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 23 (Sun) 01:12

*もろあいさんへ

こちらこそ初めまして!
遊びに来て下さって有難うございます*

確かに3時間煮込むのは長いですよね^^
でも、弱火でぐつぐつに意味があるので、こればかりは仕方がないみたいです(笑)
私は、家事やパソコンをしながら思い出したように覗いていました。
タイマーをかけてもいいですよね~♪

編集 | 返信 |  

-  2011, 09. 30 (Fri) 18:54

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。