上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


と~っても久し振りにイタリアでソムリエの続きを行ってみたいと思います(^^)
初めて読まれる方はこちらからどうぞ! イタリアでソムリエ イタリアでソムリエ2 イタリアでソムリエ3



イタリア人男子との共同生活に不満もありましたが(笑)、 「イタリアワインを勉強しに来たんだ~!」
と自分に渇を入れ、何とかレストランのステージをこなしていた私



でも丘の上のお洒落なリストランテ「Castello Malvezzi」(カステッロ・マルベッツィ)には落とし穴がありました・・。



まずこのリストランテ、アパートから遠く離れた丘の上にありました!
丘の上にあるリストランテなので、勿論眺めは抜群なのですが、何と言ってもアクセスが悪いのです!!    
はっきり言って、リストランテまでは車が無いと行けません!バスも丘の下が終点です。




ステージ期間ですので当然車など持っていなかった私は、
誰かにアパートとリストランテの送り迎えをしてもらう必要があったのですが、
ソムリエの女性Katia(カティア) は丘の上の、リストランテと目と鼻の先に住んでいましたし、
じゃあ、同じアパートに住んでいるコックさん達はと言うと、彼らとは働く時間帯が全く違っていたのですね。
因みに当時の私は無報酬。忙しくない平日などは夕方からの勤務だったりもしましたので^^




では誰に送り迎えをしてもらっていたかと言うと・・・その時に比較的手の空いていたヒト!!
つまり私が夕方からの勤務の場合は、5時頃、時間に余裕があるスタッフが誰かしら迎えに来てくれていたのです。




ではアパートまで帰る時はどうだったかと言うと、これが厄介だったのです!





まだホールにお客さんが沢山残っていても、キッチンの方の仕事終わり、
例のアパートのコックさん達が帰るときには私も一緒に帰らされることが多々あったのですが、
その度にKatiaは面白くない様子。
「何でこんなに忙しい時に帰るのよ!」彼女からしたら最もだと思いますが、何と言ってもリストランテは丘の上



美人でかなり気の強いKatiaとは最初から決して上手く行っていた訳ではありませんが(笑)、
同じ年で気が合っていた部分もあったし、決して悪いヒトではないな~っと思ってはいました。
が、彼女には最大の欠点がありました。それは直ぐに切れるところ!! 



イタリア語力ゼロでスタートした私は、ゆっくりと喋ってくれればまだ理解はできたものの、
お客さんが集中する忙しい時間にKatiaが早口で説明するイタリア語は全く理解不可能でした・・。



なので、「Masami、あのテーブルの灰皿を換えて!」の指示にお水を注いでいたなんてことはしばしば
その度にKatiaは血相を変えて怒っていました




春の結婚式シーズが始まり、週末の勤務が朝9時から夜中の2時(休憩は食事時間のみ)
くらいになってからは、状況は更に悪化して行き、Katiaは常にストレスを抱え
何でもない時にでも他人に当たるようになって行ったのでした!!



そんなある日私は、ブレーシャの町中にある系列のワインバー、Vineria(ヴィネリア)ヘ、
半日のお手伝いに行くことになったのです。今思えば、あの日が私のその後の行方を大きく変えたのですが、
その時の私は知る由も無く、「町中で働ける」ことがただただ嬉しかったのでした!!





長くなるので続きます!!
何回続くかな~、10回くらいでは終えたいと思っているのですが(笑)




ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ








スポンサーサイト

コメント - 8

colnago  2008, 11. 12 (Wed) 19:00

またしても手強い女性との対決!!
レストランの仕事って立ち仕事だし、時間の拘束も長くて大変ですね。
朝9時から夜中の2時までとは・・・。忙しくて疲れるなぁ~と思っていた、自分の甘さを恥じましたよ~。
でも、カティアさんとのやりとりで、Masamiさんのイタリア語もかなり上達したのでは?
続きも楽しみにしていま~す♪

編集 | 返信 |  

keittey  2008, 11. 12 (Wed) 19:13

待望のソムリエシリーズですね^^!
やっぱり、katiaさんは、、、ちょっと怖い方だったのですね~。
でも、レストランの中って、、、とっても大変なので、忙しくなるとパニックになって、キレやすい人、、、いますよね^^;。
あぁ~、Masamiさん大変でしたね^^;
でも、続きになんだか明るい未来が待ってるような気がするので、、、期待してま~す!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 12 (Wed) 22:53

*colnagoさんへ

そうですね、ここでも又して手強い女性との対決ですね^^
イヤ~、この時の労働条件は相当きつかったです!!
ワインの勉強に来ているのは分かっていても、無報酬!
時々やりきれなくて涙がで出るほどでした~(涙)
カティアとのやりとりでイタリア語が上達したのかな?
でも、ここで働く以上、イタリア語は必須だと思い知らされましたね^^

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 12 (Wed) 23:01

*keitteyさんへ

長らくお待たせしました!
たまにはソムリエシリーズを書かないと、気にもなっていますので^^
Katia、怖いヒトでしたよ~(笑)
怒っている時のKatiaの側には誰も寄りたがらないくらいでした^^

Keitteyさんも、レストランで働いた経験ありですか?
私はイタリアで切れやすいスタッフとどれだけ一緒に働いたか!!
彼らのせいで、こっちにもストレスが波及してきて大変でした(怒)

次回は、もう少し楽しい話になりますからね^^
楽しみにしていて下さいね♪

編集 | 返信 |  

ローラン  2008, 11. 13 (Thu) 00:31

どこの職場に行ってもうまく行かない相手というのは居るものでしょうが、このKatiaさんの場合はおそらく仕事が出来るが為に、出来ない人のことが分からずにカッとなっちゃうタイプなのかな、と思いました。
とは言っても、Masamiさんは言葉がまだ良く分からなくて、その為にKatiaさんの言う通りのことが出来なかっただけなのですから…(._.) それは大変だったでしょうね。

それで、町のワインバーへ行ってどうなるんだろ、ワクワクっと思ったら…ここでも続く続く詐欺が…(って私が言うなってことですが^^; ) 早めに続きをお願いします~!

あ、そうそう、さんきゅーのことは私のブログネタ(旅・海外生活関係)にそぐったことしか書いていないのです^^; だから今一つ実体が分かりにくいかもです。すみません。

編集 | 返信 |  

aki  2008, 11. 13 (Thu) 02:00

続きが楽しみ~

大変だった事は前にチラ~っと聞いた事あったけど・・・ホントに頑張ったんだね。イタリア語ゼロの時にキレる人と一緒に働くなんて、神経スリスリ胃がキリキリだったろうねぇ。。でも、だから今現在のパワフル・エネルギッシュMasamiにつながるワケだ! 納得。。
続きが楽しみ~~~!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 13 (Thu) 02:59

*ローランさんへ

正にKatiaはそういうタイプのヒトでしたね!
仕事はできましたが、人間的にはあまり評判が良くなかったですね^^

こんな所で続きにして失礼しました(笑)
何せこのまま行ったら長くなるな~って思いまして^^
続き、早めに頑張りますね!!

さんきゅーさんのお話は、日本でお会いした時にゆっくりと聞くことにしますね!
実体が分かりずらくてもOKですよ~*

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 13 (Thu) 03:40

*akiちゃんへ

今から思えばかなり大変だったんだけれど、
イタリア語が、イタリアの事が何も分からないからこそ出来たんだろうね^^
でも、確かにソムリエをしていた時は、ストレスが凄かったよ~(笑)
今じゃ絶対にやれないわっ!!

続き、頑張って書くね~*


編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。