上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日も頑張って「イタリアでソムリエ」の続きです~*
初めての方はこちらから読んで頂けると分かりやすいです^^     
                  イタリアでソムリエ イタリアでソムリエ2 イタリアでソムリエ3 イタリアでソムリエ4



ソムリエKatia(カティア)とのバトルを繰り広げていたある日、 
Brescia(ブレーシャ)にある系列のワインバーを半日手伝ってくれと頼まれた私。
なぜならこの日は、ブレーシャが1年中で最も活気付く日、Mille Miglia(ミッレミリア)の日だったからです!!



ミッレミリアは、1927年から1957年の間にイタリアで行われた伝説的な自動車レースで、
現在では同名のクラシックカーレースが毎年ブレーシャを出発地点として行われています。




このミッレミリアの初日は遠方から沢山の外国人が訪れ、ブレーシャの町中の飲食店が非常に込み合う時期。   
昼間はOsteria(オストリア)として機能し、ランチメニューや軽食も提供していたVineria(ヴィネリア)でも大混雑が予想されていたのでした!




当時住んでいたアパートからVineriaまでは徒歩30分と、余裕で歩ける距離。 
ゆっくりと朝食を済ませ、散歩がてらVineriaに到着した私は、まず町中の雑踏に癒され(笑)、
続いて私を迎えてくれた二人のイタリア人男にドキッとしました^^  アラっ、感じがいいわっ!



彼らがイケメン男だったからではありませんが(笑)、その日の仕事はとっても楽しかった~!
丘の上のリストランテとは、何て言うか、流れている空気が完全に違っていたし、
スタッフ皆が明るくて、その日は久し振りに笑顔で仕事ができたのです



「あ~あ、Vineriaでの仕事は楽しかったな~!」
と思いながら再びKatiaとの辛い仕事の日々を送っていたある日、事件は起こりました。



その日夜中の2時まで仕事をし私を家まで送ってくれたシェフが、あんまりにも疲れていた私を可哀相に思ったのか、
「明日の日曜日は夕方の出勤でいいよ」
 と言ってくれたのです。


私が、「でもKatiaは朝9時に来るように言っていましたけど」 と言っても、
「大丈夫、Masamiはステージなんだし、それに明日は朝からバイトのスタッフも大勢来るから」と。


シェフの言葉を鵜呑みにして夕方5時に出勤した私を、Katiaはそれはそれは怖~い顔で待っていました。  
「私は朝9時に来るように言ったわよね!なのにあなたは来なかった!ずる休みよ!!」




それ以降、当然私とKatiaとの関係は今まで以上に気まずいものとなり、
一緒に仕事などできる状況ではなくなってしまったのです・・。




そんな状況を見かねたオーナーは私に、
「こんな状況ならKatiaとは働きずらいだろうし、ここまでは車がないと通うのも大変よね。
 今後はVineriaでステージというのはどうかしら?」



「えっっ、何て言いました?Vineriaでステージですか?」
あまりにも直ぐにOKの返事をすると怪しまれると思ったので(笑)、ちょっと躊躇してみせた後、
「そうですね、それ以外に選択肢は無いですよね・・。」 ヤッターーー!



次の日から晴れてVineriaで働くことになった私。
Vineriaに着くと、また彼らのあの笑顔が(笑)
「今日からヨロシクネ!一緒に楽しく働こうね~!」 




とにもかくにもこうして私はVineriaで、新たなステージを始める事になったのです。
丘の上のリストランテ、カステッロ・マルベッツィで働き始めてから丁度2ヵ月後、2000年6月の中旬のことでした!





続きます~*



ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



スポンサーサイト

コメント - 10

ローラン  2008, 11. 13 (Thu) 10:27

こんにちは! 今日は休みなので早速読みに来ました~^^
なるほど、逆にKatiaさんのお陰でVineriaに行くことが出来たのですね! こうなると、その時は大変だったでしょうが、5時からで良いよと言ってくれたシェフにも感謝ですね。
やはり、働く環境は大事ですもの。また続きを楽しみにしています♪
2000年6月と言えば、私はメキシコにまだ居ました。何だか不思議な気がします。
あの頃、イタリアで一人、歯を食いしばって修行なさっていたのですね!

編集 | 返信 |  

keittey  2008, 11. 13 (Thu) 14:56

うわ~^^;Katiaさん、本当に怖いですね!
そういう上司の違った指示って、、、とっても困りますよね~^^;。
でも、それがきっかけで?
イケメン君たちのいる、感じのいい場所で仕事ができるようになったのですね!
よかった~^^。
続きも楽しみにしています~。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 13 (Thu) 17:58

*ローランさんへ

こんちちは!遊びに来てくださって有難うございました~^^

そうなんです、何が幸いするかわからないですよね!
今となれば、あの一件がなければ今の私は居ないと思いますので、
シェフにもKatiaにも感謝ですね^^

わ~、ローランさんも2000年は、異国の地メキシコで頑張っていたのですね~。
本当に何だか不思議な気がしますね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 13 (Thu) 18:01

*keitteyさんへ

あの日のKatiaは本当に怖かったですよ!!
周りの皆も手を付けられないほど怒っていました^^

何はともあれVineriaで働けてとっても楽しかったのであの1件には感謝していますが、
シェフ・・・権限があまり無かったのですよね(笑)

編集 | 返信 |  

くみこ  2008, 11. 13 (Thu) 21:53

おおお、すごく続きが更新されている~!
でもオーナーさんが助け舟を出してくれてよかったですね♪Katiaさんの性格とか雰囲気、なんだかすご~く分りますよ・・・
で、このイケメンのうちの1人がダンナさまだったりするのかな~!?と次回を期待しております☆

そうそう、erikoさんともお友達+ブレーシャ日本人妻会会員なんですね、Masamiさんも!実はerikoさんとは2年半前のガルダ湖旅行でお会いしてるんですよ!Masamiさんともいつか会えるといいなぁ~

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 13 (Thu) 22:53

*くみこさんへ

そうなんですよ、オーナーが理解のある人で本当に良かったです!
あのまま丘の上のリストランテで働いていたら・・・想像するだけで恐ろしいわっ(笑)
イヤ~、Albertoとはもっともっと後にソムリエを辞めてから出会ったのですよ!
イケメン彼らとは友達のまま終わりました~(笑)

そうなんですよ、私はerikoさんともお友達で、ブレーシャ日本人妻会会員ですよ^^
私もくみこさんとはお会いしたいな~って前から思っていました!!
どちらかが近くに行くような事があったら、是非お会いしましょうね~♪

編集 | 返信 |  

colnago  2008, 11. 14 (Fri) 00:15

ブレーシャって、何か聞き覚えがある?!と思っていたら、ミッレミリアの街だったんですね。日本の芸能人とかも参加してますよね。

辛くても我慢して、一生懸命頑張っているMasamiさんには、ちゃんとご褒美が待っていたんですねぇ~♪
しかもイケメンが2人も!!(イタリアのイケメンというと、若い頃のアンディ・ガルシアを思い浮かべますが・・・)

私も今は辛く険しい毎日ですが、いつか良い事があるのかなぁ~?

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 14 (Fri) 02:51

*colnagoさんへ

そうです!ミッレミリアのブレーシャです!
colnagoさんは興味があるのかしら~?!

Vineriaのイケメン君は、アンディ・ガルシアほどハンサムではないですが(笑)、
バイタリティー溢れる私が好きなタイプでしたね!
あっ、でも友達として持っていたいタイプですけど^^

colnagoさんはお仕事大変そうですよね・・。ストレスなどはないですか?
あまり無理しないで下さいね!!

編集 | 返信 |  

サレルニターナ  2008, 11. 14 (Fri) 02:53

自分が居るべきでない場所に居るときって、物事がスムーズに行かないことが
多いですよねぇ。同僚から意地悪されたり、やたらと不利な状況だったりして・・・。
今までのお話を読んでても、「随分大変だったんじゃないかしら?」という印象を
持っていたのだけど、良い方向にお話が進んで行く様子。
続きが楽しみです。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 14 (Fri) 03:03

*サレルニターナさんへ

そうですね、きっと丘の上のリストランテは私が居る場所ではなかったのですね!
でも、あの辛い経験があったからきっと、その後のソムリエ修行も耐えられたのかなって
思いますので、マイナスの面ばかりではなかったのだと思っています^^

ソムリエ時代はかなり大変で紆余曲折あったのですが、暫くは楽しい時期が続くかな?!
続き、頑張って書きますね~^^

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。