上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日も頑張って続きものシリーズです~*
初めての方は最初から読まれると分かり易いかと思います^^  イタリアでソムリエ     4  5  6  7



第1回目のソムリエ試験に思いっきり落ちた私はショックはショックだったのですが、
自分の実力の無さは実感していたので、当たり前の結果だ~!と思わざるを得ませんでした。



それにそもそも、その時の私は落ち込んでいる暇などありませんでした。
だって「今後イタリアでどうしよう~?!」という大~きな課題が残っていたからです



シリーズの第2回目の記事にも書きましたが、私の参加したイタリアソムリエ研修は半年間のコースで、
ソムリエになる為の授業、レストラン研修、そしてソムリエ試験で終了というものでした。
つまり、試験後の身の振り方は個人の自由選択となっていたのです。



因みに日本でのソムリエ経験者の殆どが半年間の休暇?を取りイタリアに渡って来ていましたので、
試験の合否に関わらず、試験終了と同時に少しイタリア旅行などをして日本に戻るという予定を取っ
ていました。




私の場合は・・仕事はきっぱり辞めていましたが、「半年したら戻るから!」
約束をしていた相手がいました・・。 ブログ内で初めて明かしますが・・。
そしてその彼から、「もう辛いから戻ってきて欲しい!」と言われていたのです



私は新しい土地で見るもの全てが新鮮で、大好きなイタリアワインの側にいるだけで幸せだったのですが、
待っていた彼はいつも同じ環境でただ私だけが居なくなった訳ですから、きっと耐えられなかったのでしょうね・・・。




でもその当時の私は、イタリア語にしてもイタリアワインにしてもまだまだ始めたばかりで
日本へ戻っても全く使い物にならないレベルだったので、
もっとイタリアに残って勉強したい、もっとイタリアワインを知りたい、と言う気持ちで一杯だったのです!!  



結局、決して簡単にではありませんでしたが、イタリアに残ることに決めて彼とは別れることにしました



「試験にも落ちたし、異国で独りになっちゃった!!!」



時々こみ上げてくる不安で涙が出そうになることもあったけど、大好きなイタリアワインの事を想うと
胸が熱くなり、イタリアワインは私にとてつもないパワーをも与えてくれました 何て楽観的な性格!
 
 


「楽観的はいいけど、先立つものはお金、仕事をしなくっちゃ!」


幸い研修期間にお世話になったブレーシャのワインバーVineria(ヴィネリア)が、
「次が決まるまででうちで雇うよ!」と言ってくれたので、ひとまずVineriaに戻り、新しいレストラン探しをしました!



そして選んだ場所がこちらです~!そうレストランではなくまず働く場所を決めちゃったのです^^


Alba200420-20(strada20del20barolo)2.jpg

北イタリア、Piemonte(ピエモンテ)州のAlba(アルバ)村のワイン畑!



そう私はイタリアワイン好き、イヤ、世界のワイン好きを唸らせるイタリアワインの王様、
Barolo(バローロ)の生産地、Piemonte(ピエモンテ)州のAlba(アルバ)村に行くことに決めたので~す!


長くなるのでここで続きにします~*
わ~、後何回続くのか検討がつかなくなってきました、汗・・。


ブログランキングに参加しています。
え~、まだまだ続くの~?!と思われた方、クリックをお願いします(笑)
    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

スポンサーサイト

コメント - 16

keittey  2008, 11. 28 (Fri) 06:14

Masamiさん!そんなに辛い選択が過去にあったのですね~。
恋愛よりも夢や仕事が大きくなることって、やっぱりありますよね。
その時のつらさを乗り越えたからこそ、今のMasamiさんがあるのですね~^^。

Masamiさんの行動力と、楽観さ、素敵です~。
北イタリアのワイン畑では、どのような環境で働かれるのでしょうか、、、^^。
続きを楽しみにしてます~。
ポチ!



編集 | 返信 |  

ローラン  2008, 11. 28 (Fri) 13:00

え~また続いちゃった(゜o゜)
などと人のことは言えないので^^; それよりも毎回ソムリエシリーズを楽しみにしていますので~ ゆっくり詳しく書いて下さい、是非とも! 
友達のゆりちゃんなんて(ブログで本まで出している人です)100回以上続いている恋愛話のシリーズがあるくらいなので、Masamiさんも後100回は全然OKでしょう(爆)

それにしても、Masamiさんには日本に置いてきた彼氏が居たのですね! 初耳だったのでびっくり。その事実もそうですが、彼よりも異国の地で一人残って頑張っていこうと決心なさる根性にも驚きです^^ その情熱と根性があったからこその今のMasamiさんなのですね!
Masamiさんの素敵なお人柄が伝わるソムリエシリーズ、また楽しみにしています♪

編集 | 返信 |  

めぐみ  2008, 11. 28 (Fri) 15:43

試験は失敗してしまったのですよね~(涙)
私もそろばん3級の試験を受けて落ちた時の事を思い出しました(笑)

なんとMasamiさん、遠距離恋愛されていたのですね。
そしてその彼とは別れてしまった・・・。
それがあるから今の幸せがあるのでしょうが、元彼の気持ちを思うとせつないですね。
今私が遠恋ですから(苦笑)

Masamiさん、ほんと~~~にイタリアワイン・・と言うかワインそのものが大好きなのですね。
情熱が伝わってきましたよ~。
これほど好きな物に巡り会えて幸せですね♪

編集 | 返信 |  

piattopiatto  2008, 11. 28 (Fri) 16:36

いいすね~~
バローロ、呑み放題!?

編集 | 返信 |  

くみこ  2008, 11. 28 (Fri) 22:10

Masamiさんは置いてきた彼がいたのですね・・・私は一方3年付き合ってた彼とうまくいってない時に留学を決めて(その関係とは別に留学を決めたんですけど)、“待っててくれる?”と聞いたら、そこでふられました(爆)彼もちょうどいい機会だと思ったんでしょうねぇ、でもその後3ヶ月で今のダンナと出会えたので、今となればふってくれてありがとう!って感じです(笑)
ヴィネリアは雇ってくれたんですか?なかなか外国人を雇うのは易しくない中、きっとMasamiさんは気に入られてたんですよ!でもあくないき追求でピエモンテへ・・・私も昨年行きましたよ!バローロ。この景色が懐かしい~

編集 | 返信 |  

Mezzana  2008, 11. 28 (Fri) 22:30

すごく綺麗な写真ですね!
こんなところで働くことが決まったときは
とても嬉しかったのではないでしょうか。

私も何度か、何よりも先に仕事が決まってしまい
焦ったことがありました。そのたびに行くつもりだった
学校をキャンセルしたり、慌てて家探しをしたり…。

Masamiさんの幸運なお話は、ご自分の努力の成果だと
お話を拝読して心から思いますが、私の場合はすべて
単なる「たなから牡丹餅」だったんですが(笑)。

彼はきっと、物理的な距離と精神的な距離を感じて
不安になっていたのでしょうね。Masamiさんが
イタリアに惹かれていることがわかっていたんでしょうね…。
(私が日本でお付き合いしていた彼は別れ話に理解を示してくれず、
ドイツまで追いかけてきたんですよ… 涙。)

編集 | 返信 |  

きらり  2008, 11. 29 (Sat) 06:52

こんばんは♪
そうだったのですね~、待っていてくれていた人がいたんですね。
それよりも自分の好きなことを選択したMasamiさん、とてもかっこいいです☆
まだまだ続きは長そうですね(笑)
ゆっくり楽しみにしていますね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 29 (Sat) 18:35

*keitteyさんへ

本当にそうなんです!
あの時の私はイタリアワインの存在があまりにも大きくなりすぎていて、
イタリアを離れるなんてことは考えられなくなっていたのです・・。

次回のリストランテでも色々あったのですよ^^(笑)

いつも応援有難うございます~*
お蔭様で、私のランキングもちょっと上がってきました^^ 
皆の応援と、ローランサン的フレーズのお陰ですね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 29 (Sat) 18:53

*ローランさんへ

このシリーズとっても長くなってしまうかもしれませんが(笑)、
皆さんがお付き合い下さる限りゆっくりと詳しく書きますね~^^
お友達のゆりちゃんのブログは100回以上続いているのですね!それは頼もしい^^

そうなんですよ~!彼とは私のわがままで悲しい別れをしたので
ブログに書くのは控えようと思ったのですが、
彼を抜きには今の私は存在しないので、告白しちゃいました!!
それに今の彼は結婚もして幸せなパパになっていますので~*

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 29 (Sat) 19:06

*piattopiattoさんへ

piattopiattoさんもBarolo、お好きなんですね~*
想像通り、私の働いていたトラットリアでは
かなり飲み放題に近い状態だったと思います~(笑)

編集 | 返信 |  

colnago  2008, 11. 30 (Sun) 00:09

約束をしていた方がいらっしゃったのですね。でも、ワインへの情熱の方が強かったって事ですね!
何かを得ようと思ったら、何かを諦めないといけない時もあります。
私は、どちらか選ばなければいけない時は、どっちの方が後悔しそうか?で決めるようにしています(^_-)-☆

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 30 (Sun) 00:48

*くみこさんへ

わぁ~、くみこさんは独り身になってイタリアに渡って来た直後に
旦那様と出会ったのですね!それは正に運命ですね~^^

Vineria、勿論正式ではなかったですが、雇ってくれたのですよ!
そう言えば私がイタリアで始めて貰ったお給料はVineriaからでした~*
Piemonte、私も結局少ししか住まなかったのですよ^^(次回アップの内容ですが(笑))
なので、この景色私も懐かしいです~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 30 (Sun) 01:15

*Mezzanaさんへ

そうなんです、Albaはワイン畑に囲まれたとてもキレイな所なんですよ~*
私が居たのは真冬でしたが、朝、この景色を見ながら
お散歩をするのが最高に気持ち良かったです~♪

彼と離れて最初は辛かったのですが、
いつの間にかイタリアに彼抜きの私の世界ができてしまい、
彼が居なくてもイタリアで頑張って行けるような気がしました・・。
それにおっしゃる様に、当時の私は相当イタリアに惹かれていましたね^^

私は話し合いをするために一度日本に戻ったのですが、
Mezzanaさんの彼はドイツに来ちゃったのですね~!!
2人の関係が真剣だと、電話で終わりって訳には行かないですものね^^

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 30 (Sun) 03:17

*きらりさんへ

そうなんです、待っていてくれたヒトがいたのですが、
当時の私は中途半端な状態では彼のもとに戻れなかったのですよ!
今は彼も家庭を築いて幸せになっているので、
結果お互いにとって良かったかなって思っていますが~*

私の4年間のソムリエ時代を振り返って書いているので、いつ終わるやら~(笑)

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 30 (Sun) 03:25

*colnagoさんへ

そんなんです、当時の私はイタリアワインへの想いがとっても強くなってしまって、
夢を半ばに彼のもとへ戻れなかったのですよ!!
<どちらが後悔しそうか>
私の選択には後悔はしなかったので、
きっと正しい決断をしたのですね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 11. 30 (Sun) 04:12

*めぐみさんへ

そうなんですよ、試験は見事に落ちました(笑)

私の遠距離恋愛は私のわがままで続きませんでしたが、
遠恋の末結ばれるカップルも一杯いますよね~*
めぐみさん達は大丈夫!自分をそして彼を信じて頑張って下さいね~♪

本当にイタリアワイン、ううん、ワインに出会えて幸せ者だと思います~^^

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。