topimage

2017-11

日本でピッツァを作ったよ! - 2008.12.10 Wed

は~、やっとSaraが眠ってくれました・・・。


もう日本に戻って1週間経つと言うのに、何とSaraはまだ時差ボケが治らないのですよ・・。
夜中に目が覚めて、2~3時間は眠れずそこから再び眠りに入るので、いつも起きるのはお昼過ぎ。
お昼過ぎに起きるのでお昼寝を無しにしているのですが、Saraがお昼寝をしないイコール

私の自由時間が無い!!! 



それと私の自由時間が無いな~と思うもう一つの理由はAlbertoが居ないからです^^
恐らくAlbertoはイケダンコンテストがあったら入賞間違い無し!
くらい子育てを手伝ってくれるヒト、Saraと遊んでくれるヒトなので、


Alberto無しの子育ては堪えます!!


それから私の自由時間がやっぱり無いな~(笑)と思う別の理由はSaraが日本食を食べたがらないからです!!去年は私達の食べている日本食をそれなりに食べていたのですが、
今年はまだ日本に慣れないのと反抗期も重なってか、「イヤダ~!」「嫌い~!」の一点張り!


嫌い~って食べてないのに~!!! 


そんな訳でSaraの為に、毎食Sara用にイタリア料理を作っています!
昨日は1本150円!!もするズッキーニを買ってきてズッキーニのリゾットを作ったし、
今日はSaraの1番のリクエストのピッツァを作りました!母親がメインでね^^



2008_12090040.jpg

まずビックリしたのがこちらのピッツァの型!
とっても優れものですが何とアメリカ製です(笑) これを持っていた母親にもビックリですが(笑)



2008_12090043.jpg

この型、ウィリアムズ・ソノマの型なのですが、ピッツァ生地が滑らず良く伸びるのです!!



2008_12090046.jpg

自家製トマトソースを敷き・・・



2008_12090056.jpg

チーズは、イタリアから持ってきたAsiago(アジアゴ)を使いました。



2008_12090062.jpg

ピッツァ、マルゲリータの完成!!


マルゲリータは唯一Saraが食べるピッツァのトッピングなので、これはSara用^^


2008_12090067.jpg

そしてもう1枚日本風ピッツァも作りました~*


日本でピッツァが出てくるなんて最初は半信半疑だったSaraですが、
一口食べたら後は無言で4分の1を間食^^



母も私も大満足の瞬間でした~(笑) 


コメントのお返事が遅れていてゴメンなさい(涙)
明日にはお返しできるかと思いますので待っていて下さいね~*
皆さんのブログにも時間を見つけて遊びに行きたいと思っています~♪


ブログランキングに参加しています。
Saraの時差ボケいつまで続くの?っと思われた方、応援クリックをお願いします(笑)
    ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ



スポンサーサイト

● COMMENT ●

うわぁ~っ!おいしそう~!!!
お母さま、パン作りの先生なんですか?
それは色々教えていただけてよいですね~♪

サラちゃんも、イタリア、日本、そして今回は
アメリカの良い点がミックスされたおいしいものを
たくさん食べられて幸せですね!

今は環境も変わったばかりで心の準備をしている途中なのかな?
慣れたら和食ももりもり食べてくれるかもしれませんね♪

サラちゃん、まだ時差ボケがなおらないのですね^^;私も1週間かかりましたので、、、辛いだろうなぁ、サラちゃん。
Albertoさんはいつ日本に来られるのですか^^?
子供とたくさん遊んでくれる旦那さんって、素敵ですよね~。

マルガリータを日本で作られたのですね!
すっごくおいしそうです~^^。
日本風ピザも、最高においしそう。
サラちゃんも大満足でよかったですね~。

知らなかった!!
Pizzaの型なんて物が存在するのですねっ!!

それにしてもpizza美味しそうですね。
チーズのAsiagoも私、スキです♪

Saraちゃんはどうして和食を食べたがらないのかなー。
何でイタリア料理だけ??
ママMasamiさんの苦労が目に浮かびます(^_^;)

Masamiさんのお母様、すっごい素敵な方ですね! さすがパンのプロ^^
うちの母なんて、ピッツァの生地をどうやって作るかということすら考えたことがないはずですし。
Saraちゃんはマルゲリータが好物なのですね。
和食の好きな子に育てたいと思っても、普段の環境から考えるとやはり難しいのでしょうね。
それでも、年と共にSaraちゃんの味覚は変わっていくのだろうな^^
早く時差ボケがなおると良いですね~

ピザの型、良い感じですねぇ~。もしかしてそのまま焼けてそのまま食卓OKなのでしょうか?
私もイタリア料理は日本食の次に大好きです!
先日も同僚と2人で八王子のカンティーナに行ってきました。

Saraちゃんはイタリアのご飯が大好きなんですね。というか、ママの料理が好きなんですよ!きっと♪

サラちゃん、まだ時差ぼけが続くんですねぇ。大人だと、眠気を克服したりできるけど、子供だとそういうわけには行かないでしょうしね...朝、起こす時間をだんだん早めるわけには行かないのでしょうか?
ま、2ヵ月半もあれば、いつかは時差もなくなって、日本食も好きになってくれるはず!これが日本では食べ納めのイタリアンと信じて頑張ってください!

*Mezzanaさんへ

そうなんですよ!
母はパン教室の講師をしています^^
なので今回の里帰りで一からパン作りを学んでいるのです~*

<今は環境も変わったばかりで心の準備をしている途中なのかな?>
本当にそうだと思います。
Saraなりに、環境の変化に戸惑いがあるんでしょうね・・。
イタリアのバスタブであんなにお風呂に入るのが好きだったのに、
日本のお風呂に入るのを嫌がったり、彼女なりに感じることが一杯あるんだと思います^^
慣れたら日本食、是非是非食べてほしいです~(笑)

*keitteyさんへ

昨日の夜、里帰り後初めて夜中通して寝てくれました!!
これで一安心です、本当に辛そうでしたからね・・。

Albertoは12月20日から15日間滞在します~。
もう既に指折り数えて楽しみにしています^^

SaraがPizzaを喜んで食べてくれて本当に良かったです^^ 
昨日は例のラグーを山ほど作りましたよ~(笑)

*めぐみさんへ

私もイタリアでこのPizza型は見たことがなかったので、ビックリしました!
イタリアに存在するのかは帰国後確かめてみるつもりです(笑)

Saraは初めて食べるものに、とっても警戒心を抱くみたい、
と言うか食べなれたものが良いのでしょうね・・。
なので、イタリアで食べなれた日本食なら食べるのですが、
母の作る初めて見る日本食が全くダメみたいなのですよ!!
まあでも、何といっても後2ヶ月以上は滞在するので、徐々に慣れてくれることを願います~*

*ローランさんへ

SaraはPizzaにしても他の食べ物にしても今のところ、シンプルなものが好きみたいです!
色々と入っていると嫌みたいですね^^

イタリアだと食材が揃わないのと、Albertoの好きな日本食が限られているので、
どうしてもイタリア料理が多くなってしまうのです。
Saraには極力日本食を作るようにはしているのですが、
それもあんまりバラエティには富んでいなくて・・。
でもローランさんのおっしゃる様に、年々味覚は変わって行くので、
今後日本食を好きになることは大いにあるだろうなって思っています^^

あっ、昨日の晩、Saraは初めて夜中ずっと寝てくれました!
これで恐らく一件落着だと思います~♪

*colnagoさんへ

このPizza型ごと食卓OKだと思いますよ!
我が家ではこのまま出して、その都度Pizza用ナイフで切って食べていましたから^^

八王子のカンティーナって、ワイナリーに行って来られたのですか~?
それともワインの種類が豊富なレストランかしら?!

おっしゃる様に、Saraは初めて食べるものに警戒心を抱くというか、
全く興味を示さないタイプなのですよ!食べ慣れたものが良いみたいですね^^
でもこれからの2ヶ月間に期待をしたいです~(笑)

*Ricciaさんへ

昨日の晩、Saraは初めて夜中中寝てくれました!
かなり辛そうだったので、これで一安心です^^でも今年もしっかり8日間、かかりました~(笑)

本当に後2ヶ月もありますので、だんだんと日本食を好きになって欲しいです^^
大人が考える以上に、環境の変化に対する子供の気持ちは複雑なんでしょうね~*

素敵なピザ料理
美味しそうです

*ryuji_s1さんへ

コメントのお返事が大変遅くなってゴメンなさいね(涙)

このピザ、型も良かったのかとっても上手くできました!
イタリアでは買うことが多いのに、日本でピザを作るとは^^
でも、手作りはやはり安全だし美味しいですよね♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebbiolo.blog10.fc2.com/tb.php/143-1ed397c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

明日から大学のスクーリング «  | BLOG TOP |  » 日本滞在で習得したいこと その1

PROFILE

Masami

Author:Masami
イタリア在住17年。
住めば都となった北イタリアの田舎町で、心地よい暮らしを目指して日々奮闘中。

夫と11歳の娘+トイプードルの
3人プラス1匹暮らし。
→<プロフィールをもっと見る>

✿ミラノにて「イタリアワイン講座」を開催しています。ご興味がある方は下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい♪

ENTRY

MONTHLY ARCHIVE

COMMENT

CATEGORY

LINK

MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文: