上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすっかり秋めいた日が続いている北イタリアですが、
今回も引き続き夏休みの話題をお伝えしますね(笑)


前回の記事にも書きましたが、私達はサルデニア滞在中レジデンスに泊まっていました。
レジデンスなので、食事は勿論出ません。
なので、毎日私達は買出しに行って、自分達で料理をしていました。
これ、折角バカンスに来たんだから面倒臭いよ、との見方もあると思うのですが、
地元の美味しい食材屋さんを見つけられると、かなり楽めます


そして地元の「お魚屋さん」を見つけてから、Albertoは毎日料理を楽しんでいたようでした^^



2009_0824CapoCodaCavallo00801.jpg2009_0824CapoCodaCavallo00481.jpg2009_0824CapoCodaCavallo00461.jpg2009_0827CapoCodaCavallo101502.jpg

左上・ タコのサラダ
右上・ あさりのワイン蒸し
左下・ ボッタルガ(からすみ)とトマトのスパゲッティー
右下・ フリットミスト(魚介のフライ) 

全てがかなりシンプルな料理なのですが、魚がと~っても新鮮なので、味は格別
”たこ”の柔らかさと ”あさり”の甘さ、う~ん、思い出したらまた食べたくなってしまった(笑)



2009_0827CapoCodaCavallo101465.jpg2009_0824CapoCodaCavallo00945.jpg


そしてワインは勿論サルデニアを代表するワイン、Vermentino(ヴェルメンティーノ)~♪
貝殻や松やになどのミネラル感いっぱいの香り、
酸味がキレイで、潮風を感じさせるような塩味が後口に残る味わい。
改めて魚介料理とヴェルメンティーノ種の相性の良さを思い知らされました(笑)

左・ ワイン名 Vermentino di Gallura Superiore HYSONY 2008'
   生産者名 PEDRA MAJORE

右・ ワイン名 Bianco Valle Tirso KARMIS 2008'
   生産者名 CONTINI



サルデニアの郷土料理Porceddu(ポルチェット)もしっかり食べました!こちらは勿論買いました^^


2009_0827CapoCodaCavallo101581.jpg


ポルチェットは子豚の丸焼きで、一般にあぶり焼きで、時々豚の脂をかけながら作られます。
何時間もかけてじっくり焼かれるため、皮はパリパリで香ばしく、中はとってもジューシー

合わせたワインはこちら!


      2009_0906Sara、幼稚園入園01691

ワイン名・ Assaje 2006'
生産者名・ Capichera

サルデニアを代表する赤ぶどうの一つ、Carignano(カリニャノ)種から造られるワイン。
濃いルビー色の色彩で、桑の実や木いちご、アプリコットなどの香り。
十分な”甘み”と”ボリューム感”が特徴のスケールの大きいエレガントなワイン。
   


*******************



さて、私とAlbertoにとっては一大事となった滞在中に起こったハプニングの話し。
Saraが岩場で転んで擦り傷を負い3日間海に入らないストライキを起こしたのです(涙)
私達にとっては「たかが擦り傷」でも、Saraはよっぽど海水が傷口に沁みたのでしょうね・・・。



2009_0824CapoCodaCavallo00851.jpg

海に来ているのにSaraはすねて3日間ず~っとレジデンスに引きこもっていました


あまりにも海に対して拒絶反応を示していたので、
「ヴァカンスが終わるまでSaraはきっと、もう海には入ってくれないだろうね・・・」
「あんなに海で楽しそうにしていたのね・・・」
と落胆していた私とAlbertoでしたが、助かりました!
レジデンスにあったプールに4日目の朝、何とか入ってくれたのです~(笑)


2009_0906Sara、幼稚園入園01681

本当にレジデンスにプールがあってくれて良かった(笑)
この後は、怖る怖るですが、再び海にも入ってくれました~



2009_0827CapoCodaCavallo101601.jpg


戻って3週間以上経っているけど、まだ余韻が残っているほど素敵だったサルデニア。
そうそう、夜空に光る満天の星も素晴らしかった~。
流れ星、夜空から降ってくるようでしたよ~♪




スポンサーサイト

コメント - 6

ぴぎゃ  2009, 09. 21 (Mon) 17:28

うわ・・

ゴハンの写真がのっているとコメントが多くなるぴぎゃですw
新鮮な魚介類だなんてー!うらやましいー!
このまえ初めてドイツで冷凍じゃない魚をおそるおそる買ってみたのですが、ちょっと生臭くて。。
新鮮な食材を前にして料理に燃えるだんな様っていいですね~w
ポルチェットってはじめて知りました、豪快そうだけどとってもおいしそう~!

編集 | 返信 |  

Masami  2009, 09. 22 (Tue) 14:57

うふふ・・

ぴぎゃさん~!
新鮮な魚介類、私の地元でもなかなか手に入らないんですよ!
だから私もサルデニアでは、「もう暫くはお魚でなくてもいいよ!」
と思えるくらいまとめ食い?してきました(笑)

Alberto、休暇先で地元の食材を使ってお料理するのは本当に好きそうです。
きっと、心も体もリラックスしているからなんでしょうね^^
ポルチェットも美味しかったですよ*
サルデニアは確かドイツからも一杯直行便が出ているはずだし、お勧めですよ~♪

編集 | 返信 |  

colnago  2009, 09. 22 (Tue) 17:44

私もタコ大好きです!

旦那様の作ったお料理とワインを楽しむバカンスって素敵ですv-218

やはり、ヨーロッパでは海沿いじゃないと新鮮なお魚が食べられないんですね。
ところでポッタルガってどんな物でしょう?

編集 | 返信 |  

Masami  2009, 09. 23 (Wed) 05:19

私はイタリアに来て

タコが大好きになりました!
日本ではお寿司のネタもそうでしたが、見向きもしてなかったんですよ(笑)
ヨーロッパの他の国は分かりませんが、イタリアの場合、
生ハムをはじめイタリアを代表する美味しいお肉料理が沢山あるので、
海沿い意外だと断然お肉になってしまうと思います^^
ポッタルガ、「からすみ」のことです!
colnagoさんのコメントをいただいて、日本語訳も付けるようにしました(笑)

編集 | 返信 |  

サレルニターナ  2009, 09. 24 (Thu) 01:42

こんにちは!

こんにちは、Masamiさん!
Saraちゃん、随分大きくなりましたね。
擦り傷が海水で沁みたんでしょうね。気持ち、わかるわかる。
夜空に光る満天の星、サルデニアでは見れるんですね。
ローマは何も見えなくて、空を見ても感動がありません。(笑)

編集 | 返信 |  

Masami  2009, 09. 25 (Fri) 00:13

ご無沙汰していました!

サレルニターナさん、

こんにちは~♪
また遊びに来て下さって、ありがとうございます☆
サレルニターナさんにはSaraの気持ちが伝わったんですね(笑)
彼女は飄々とした性格の割には、痛みには弱いみたいで、
切り傷は擦り傷でいつも大変な騒ぎになっています(笑)

田舎に住んでいますけど、この辺でもそんなに星は見えないんですよ。
イタリアでもサルデニアは別格なんでしょうね~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。