topimage

2017-11

PK戦での負けは記録上、引き分け! - 2010.06.30 Wed

残念です、言葉もありません・・。

でも、一言だけ、  「悔しいー!!!」  




PK戦の時間、何故だか夫アルベルトはテレビを観ていなかったのです。

「PK戦で、応援していたチームが勝ったためしがないから!」 

と、後で一言。


聞くと、イタリアも過去のワールドカップでは、

1994年に決勝戦でPKでブラジルに負けるなど、合計4度ほどPK戦で負けているけれど、

(前回のワールドカップで、初めてPK戦に勝利して優勝していますが)

「PK戦は実力じゃないから!」 が彼の持論。


でも実はワールドカップでも、

「PK戦での負けは記録上引き分け扱い」 

にしているそうで、

やっぱり 「PK戦での負けは実力負けではない!」 ってことなんですよねー!



それにしても、今回のワールドカップでの日本チームの大健闘は凄かった。

日本選手の皆さんへ、そして岡田監督へ心から拍手を送りたいです~!

もうすっかり目が離せなくなった サムライブルー、

4年後のブラジル大会での、更なる活躍を期待しています!!



ブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、応援クリックをしていただけると嬉しいです*

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

● COMMENT ●

本当に残念でしたよねー!
みんな素晴らしかったですよね、本当に大健闘でした。
でも、あそこまでやれたのだから、やっぱり勝っていただきたかったですよねーーー♪

PK、イングランドも全く同じなのですよー!
ここ何年も、何試合も、PKになると必ず試合を落としています。
何度か失敗して負けると、精神的なダメージというか、
またダメかも?と思ってしまう部分もあるのかもしれません。

それにしても日本、
ああ、あのゴールが決まっていれば!と、
やっぱり悔やまれますね・・・。
次回はブラジルですかー!!
それはまた盛大になりそう。
また、サムライブルーの活躍に期待ですね♪

 こんにちは、本当に日本チーム残念でした、それだけベスト8の壁は厚いんでしょうね!
 でも、日本チームの功績は讃えられているようですね。世界のメディアも注目していたみたいです。

 PKで思い出すのが1994年のアメリカ大会です。あの決勝のブラジルVSイタリアの史上初のPK対決でしょうか、歴史に刻まれましたね。あの時、ロベルト・バッショが天を仰いだシーンは忘れられません。悲劇の英雄でしたよね。でも、4年後のフランス大会の1回戦のチリ戦で、自らPKの場面で蹴ったボールはゴールに突き刺さりました。あの「アメリカの悪夢のPK」を決めてトラウマを払拭しました。
 今回の駒野選手もそうですが、やはり、自分との闘いを制してもらいたいですね。そんなことを次回のブラジルに期待したいものです。

Apfelさんへ☆

こんにちは~。
本当に、勝ってもらいたかったー!
勝って、ワールドカップでの日本の凄さをもっと見せてもらいたかったですー!

PK、イングランドも同じとは知りませんでた!
<ここ何年も、何試合も、PKになると必ず試合を落としています>
そうだったのですね・・。
確かに、PKは精神的なものがとても大きい気がします。
でも、一度でも勝てれば、精神的ダメージも払拭できるのですよね。
次回に期待したいですね!!

正直私も日本選手がこんなに力を付けているとは思わなくて、
試合当初は過小評価をしていたのですが、
今後は目が離せなくなりました^^!
本当に次回のブラジル大会に期待ですねー♪

ルルさんへ☆

本当に残念でしたねー!
でも次回はベスト8突破を是非、実現してもらいたいですよね!!

日本の活躍は、イタリアのメディアでも評価していました。
それにあの試合は「パラグアイではなく、日本に勝ってもらいたかった!」
と言うイタリア人が私の周りにもかなりいました。
それだけ、日本=サッカーが世界にも認められてきた、ということなんでしょうね!

私も、ロベルト・バッショが天を仰いだシーンは鮮明に覚えています!
1994年のアメリカ大会、忘れられないですよね!!
そしておっしゃるように、その次のフランス大会で、
見事にゴールを決めて!!

本当に駒野選手は、これからが自分との戦いですね・・。
日本チームには一回りも二回りも大きくなった姿を、
ブラジル大会で見せてもらいたいです♪




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebbiolo.blog10.fc2.com/tb.php/211-6505f5ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暑~い日の一皿はやっぱりコレ♪ «  | BLOG TOP |  » 秒読み開始、日本VSパラグアイ戦!

PROFILE

Masami

Author:Masami
イタリア在住17年。
住めば都となった北イタリアの田舎町で、心地よい暮らしを目指して日々奮闘中。

夫と11歳の娘+トイプードルの
3人プラス1匹暮らし。
→<プロフィールをもっと見る>

✿ミラノにて「イタリアワイン講座」を開催しています。ご興味がある方は下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい♪

ENTRY

MONTHLY ARCHIVE

COMMENT

CATEGORY

LINK

MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文: