上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この数日半端でない暑さが続いていたイタリアですが、

この暑さは何と、今週末にピークを迎えるとのことで、

(イタリアの各都市で気温が40度近くまで達する見通し)

イタリア、厚生労働省は昨日から各市町村に 「熱中症」 などへの警戒を呼びかけています!!



下の写真は、ローマ、ヴェネチア広場の噴水で身体を冷やす観光客の様子 ~La Repubblicaより~


095123613-cb20fdef-c61b-45ec-baac-8c656d0bd6a8[1]2



まず 特に注意 が必要なのは、ミラノ、ヴェネチア、フィレンツェ、トリノ、ペルージャ、

ジェノバ、トリエステ、ボルツァーノなどのイタリアの18の大都市ですが、

ベローナやメッシーナなどの、イタリアの中堅都市でも注意が必要です。



また通年ですと、夏の避暑地として有名な、

アルト・アディジェ州にある ドロミティ山脈 はあまり暑さの影響を受けないのですが、

先日は90年振りにこの地方の夏の最高気温が更新されたとのことで、

今週末もこの辺りでは、かなり汗ばむ陽気になるとのことです。




caldo15[1]2


一歩間違えると死にも繋がってしまう熱中症・・。

この時期、イタリアの都市にご旅行予定の方は、

(イタリア各地にお住まいの方も!)

暑さのピークとなる午後1時~4時頃の外出を極力控け、

積極的に水分補給をするなどして、是非注意をしていただけたらと思います!!



ブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、ポチッと応援クリックをお願いします!
     ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント - 6

Apfel  2010, 07. 17 (Sat) 04:10

Masami さん、今晩は。
イタリアは気温がかなり上がっていますねー!
先日友人がミラノにお買い物に行った際も、
気温が38度だったと言っていましたが、
週末は広域で注意が必要なのですね。
今日のスイス(チューリッヒ地区)も、
日中34度でした!本当に暑いですよね。
この暑さでは、慣れない観光客の方々は本当に大変ですね・・・。

編集 | 返信 |  

Minako  2010, 07. 17 (Sat) 05:14

気をつけてくださいね

日光浴が大好きなイタリア人、気をつけて欲しいですね。

Masamiさんたちも、数日間がんばって乗り越えて下さいね。
こんな日はお家でのんびりお菓子作りですね!暑いけど…

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 07. 17 (Sat) 06:12

Apfelさんへ☆

こんにちは~。
そうなんです、ここ数日のイタリアの暑さは半端ではないのですー!!
お友達はこの暑さの中ミラノで買い物をされたのですね、大丈夫でしたか?
ミラノなど大都市はコンクリートの照り返しなどがあり、
実際の温度異常に暑く感じるので、本当に注意が必要ですよね!
観光客の方は、「折角旅行に来たのだから」と無理をしがちだと思うので、
本当に気を付けていただきたいです!!

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 07. 17 (Sat) 06:17

Minakoさんへ☆

こんにちは~。
本当ですよね、イタリア人は日焼け目的に、
炎天下でも平気で日光浴をしているので、注意が必要ですよね!

そうなんです、幸い我が家はエアコンが入っているので、
こんなに暑い日は家の中で過ごすか、涼しい?時間帯にプールに行くかのどちらかです^^
早くこの暑さが落ち着いて欲しいですー!!

編集 | 返信 |  

kako  2010, 07. 17 (Sat) 06:42

毎日、暑い暑い!と思っていたけど
週末はそんな警告が出てたんですね。

明日、夫がゴルフに行くので慌てて熱中症対策をしました!
貴重な情報ありがとうございました!

それにしても、この暑さの中ゴルフなんて。。
とにかく無理をせず、無事に帰って来る事を祈るばかりです ^^;

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 07. 17 (Sat) 08:34

kakoさんへ☆

こんばんは~♪
ミラノはきっとかな~り暑いよね・・。
kakoちゃんは夏バテなど大丈夫?

ところでご主人様、明日ゴルフなの~~??
私も炎天下のゴルフは経験あるけど、
明日の暑さは半端じゃないと思う!!大丈夫かな?
本当にあまり無理しないで、日陰があったら日陰に入って、
水分を一杯取るように言ってね!
私も無事を祈ってるよ~~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。