topimage

2017-11

暑~い夏、赤ワインを美味しく飲む秘訣♪ - 2010.07.23 Fri

今日は、イタリアに暮らす、
一主婦ソムリエの戯言と思って聞いて下さいね


暑~い夏の夜、我が家のワインの主流はやはり白ワインかスプマンテ、
この時期はやはり、冷~たい飲み物が欲しくなりますよね~。


でもお肉料理やチーズと一緒に、
どうしても赤ワインが飲みたい時ってありませんか?


そんな時に、赤ワインを美味しく飲む秘訣は・・・・・「充分に冷やす!」 です。


          2010_072000641.jpg

これは、昨日私が飲んだ、アルト・アディジェ州の スキアバSchiava種 から造られているワインです。


オーストリアとの国境近くにある、北イタリアのアルト・アディジェ州で、
独占的に栽培されている赤ぶどう品種、スキアバSchiava種の特徴は、
キリッとした酸味と殆ど感じないくらいの、柔らかいタンニンです。


昨日も暑~い夜だったイタリア。
私は上のワインを、口に入れた時に 「しっかり冷たいと感じる温度」、
軽い白ワインと同じくらいまで充分に冷やしました。


「赤ワインは常温で」 と良く聞きますが、その大きな理由は、
冷たくすると、赤ワインに含まれるタンニンや渋みを強く感じすぎるからで、
タンニンを殆ど感じないとても柔らかいこのワインは、
かなり冷えていたお陰ですっきりとした酸味が逆に引き立ち
とっても美味しかったのです~!



          2010_0721Pinotnero00761.jpg

そしてこちらは、トスカーナ州のワインで、
ぶどう品種はピノ・ネロ種Pinot Neroサンジョベーゼ種Sangiovese。


タンニンが柔らかい ピノ・ネロ種 とタンニンがきつい サンジョベーゼ種 の混合ワインだったので、
一本目よりは冷やしませんでしたが、
それでも口に入れた時、「冷たい」 と感じる程度まで冷やしましたが、
タンニンを強く感じすぎることはなく、とても美味しかったです~。


真夏のこの時期は、家の中の温度もぐっと上がってしまいますし、
私達も冷たいものをより心地よく感じますので、
「赤ワインは常温で」 の言葉を気にせず、是非、し~っかりと冷やしてあげてみて下さい。


勿論、ワインのタイプやぶどう品種によって適温は違いますが、
(因みにタンニンがきついワインは、気持ち高めの温度で)
常温で飲むよりはず~っと美味しく飲めると思いますよ!



ブログランキングに参加しています。
ご面倒でしょうが、ポチッと応援クリックをお願いします!
     ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なるほど!

やはり猛暑では赤ワインは冷やしてOKなのですね。
先日の南アフリカ赤ワイン、室温が30度で置いていたものを呑んだら・・・
思わず邪道ながら、氷を入れて呑んじゃいました(滝汗)

http://nomusupe.exblog.jp/
↑こちら私のグルメブログとして別個に開設しています。
お恥ずかしいですが、よかっら覗いてみてください(汗)

Masami さん、ソムリエ主婦の戯言なんてとんでもない!
さすがは、ソムリエさんです。
私は赤ワインをなぜ冷やして飲まないのか、よく理由が分からないまま
(風味が落ちるから??などと思い)
冷やさず室温で飲むものだと思ってました。

タンニンの量がポイントナのですねー♪
タンニンの含有量が少なめのものは冷やしても美味しくいただけるとうかがい、
早速試してみたいと思います。
サンジョベーゼは私も好きなブドウですが、こちらは冷やさない方がよいのですね、
とても勉強になりました。
もしも、ピノ・ネロ以外でも、
冷やして飲むとおススメの手ごろな赤があれば、教えていただけますか?
私も夏は白かプロセコがメインですが、
暑い夏にも冷たく冷やしていただける赤は魅力的ですね~♪

おいしそ~☆

美味しいワインが飲みたいっ!!!
妊娠中でもイタリア人はコップ1杯くらいならOKって人が多いですよね♪♪
私もイタリアにいたら毎日ちょこっとずつ嗜めたのになぁ・・・

冷えた美味しい赤ワインで
めっちゃくちゃ暑いイタリアの夏を乗り越えてください!!!

こんばんは~!
暑い夏は、赤ワインを冷やさず飲むとかなり温くなってしまいますよね~!
氷を入れてしまうお気持ちは分かります^^!
でも、イタリア人の中にはお水を足して薄めて飲む人もいるんですよ(笑)
正直冷たくすると、香りの立ちが少し悪くなってしまうのですが、
この時期はとても美味しく飲めると思いますよ~♪

こんばんは~♪
いえいえ本当に私の戯言なので、聞いて下さるだけで嬉しいのですよ~!

ところで、「風味が落ちる」と言うのはやはりありますが、
(正確に言うと、冷やすと香りの立ちが多少悪くなりますね)、
冬場でも軽い赤ワインやタンニンの少ない赤ワインは、
気持ち冷やしてあげると美味しいと思います~!

冷やした方が良いイタリアの赤ワインは、
記事にも挙げましたが、スキアバ種、マルツェミーノ種、
そして軽めのバルベラ種やドルチェット種・・。
ワイン名で有名なところですと、Bardolinoバルドリーノや軽めの Chiantiキャンティなども
冷やした方が断然美味しいですよ~。

因みにカベルネ・ソーヴィニョンやメルローでも我が家はこの時期は
結構冷やしてしまうのですが、タンニンがきついタイプです・・。

Apfelさんもお好きなワインで試されてみて、また感想を聞かせて下さいね~♪
2010/07/24 Sat 08:07 URL [ Edit

こんばんは~!
私のイタリア人の産婦人科の先生は、
「妊婦さんが楽しく飲む!」のであれば、
グラス一杯くらいは大丈夫だと言っていましたよ(笑)
後は、妊娠初期はNGですが、「妊娠後期になれば多少なら」と言う人もいますよ~!

本当に相変わらず暑い日が続いているイタリア、
美味しいワインで夏を乗り切りますね~(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebbiolo.blog10.fc2.com/tb.php/232-c5941eb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

碧い海、白い砂浜、サルデニアSardegna♪ «  | BLOG TOP |  » 情けない~!!

PROFILE

Masami

Author:Masami
イタリア在住17年。
住めば都となった北イタリアの田舎町で、心地よい暮らしを目指して日々奮闘中。

夫と11歳の娘+トイプードルの
3人プラス1匹暮らし。
→<プロフィールをもっと見る>

✿ミラノにて「イタリアワイン講座」を開催しています。ご興味がある方は下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい♪

ENTRY

MONTHLY ARCHIVE

COMMENT

CATEGORY

LINK

MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文: