上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアに来て好きになった野菜の一つが、カリフラワーです。
イタリアのカリフラワーって、日本のより、甘いような気がするし、
1年中売られているので、ついつい買ってしまいます。


こちらでは、かなり柔らかめに茹でて、
塩とオリーブオイルとお酢で和えて食べるのが主流。


今日は、緑のタイプを少し硬めに茹でて、ベシャメルソースとパルミジャーノチーズ
を載せて、オーブンで焼きました。

カリフラワーノグラタン風


今夜のお料理の主役は、生ハム☆
我が家は大の生ハム好きで、1週間に1度は食卓に上ります。
今日は、パルマ産の中程度の熟成のタイプを、ごくごく薄~く
(これがポイント!)切ってもらったのを、いただきました。


カリフラワーノグラタン風 2

合わせたワインはこちら!
Franciacortaを代表する生産社 Ca' del Bosco社の
発泡性ワイン、Cuvee Prestige
黄金色で、白い小さな花や、アカシアのはちみつなどの香りを持ち、
甘味と酸味のバランスが絶妙なワイン。
す~っと、喉を通って行くので、とっても飲みやすい1本です。


風邪と花粉症が少し治ってきたので、
今夜は久し振りに、美味しくワインを飲むことができました♪





スポンサーサイト

コメント - 2

ロッタ  2008, 04. 13 (Sun) 05:21

私もカリフラワー大好きです。チーズとオーブンで焼くの良いですよねえ,香ばしくて!
私も日本のものよりも野菜本来の甘味がしっかりしている気がしていました(^^)!

キャロットケーキ...私も先週作りたいと思っていたのですが、うちは彼が好きじゃないので作りませんでした。Masamiさんのお家におじゃましたかったー。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 04. 13 (Sun) 23:08

■ロッタさん

ロッタさんも、カリフラワー好きなんですね。
チーズとの相性、いいですよね!

キャロットケーキ、是非おすそ分けしたかった~。
我が家は、殆ど、Saraに食べられてしまいました(笑)

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。