上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の大好きなイタリア野菜の一つ、赤チコリが旬を迎えました~♪


こちらは、数ある赤チコリの中でも一番味わいが濃いと言われる、
ヴェネトVeneto州、トレヴィゾTreviso産の赤チコリ、
Radicchio Rosso di Treviso(ラディッキョ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ)


2010_1117赤チコリ02851



一般的にはリゾットやパスタの具、
ピザのトッピングにも登場することが多いのですが、
我が家ではいつもごくごくシンプルに調理します☆



2010_1117赤チコリ02881


赤チコリの根を少し切り落とし、縦に3~4等分に切り、
こ~んな風にグリル用のフライパンに並べ、
オリーブオイルと塩で焼くだけ!


赤チコリ自体がとても濃厚な味なので、このままお肉などの付け合せとしても
充分に美味しいのですが、我が家ではここで、とろけるチーズを登場させます



2010_1117赤チコリ02951


イタリアにはとろけるチーズも何種類もあるのですが、
トレヴィゾ産の赤チコリのグリル焼きには、
同じくヴェネト州ヴィチェンツァVicenzaのチーズ、Asiagoアジアゴ が必須!


アジアゴのチーズはフライパンで熱するだけで、「とろ~りとろとろ」 になり、
優しい味わいのアジアゴと濃厚で少し苦味があるトレヴィゾ産の赤チコリは
口の中でベストマッチします


でもですね~
お酒好きの方は(特に)既に想像されているかと思いますが、
やはりこのお料理は少~し脂っぽいので、赤ワインと一緒を是非お勧めいたします!
これがまた最高に合います


こちらが我が家で昨日飲んだワイン~。


2010_1117赤チコリ02901

ワイン名・ IL CHIUSO 2009'(イル・キューゾ)
生産者名・ Castello di Ama(カステッロ・ディ・アマ)


サンジョベーゼ種とピノ・ネロ種で造られているトスカーナのワインで、
酸味がチャーミングで女性的なエレガントな1本♪


「たかが野菜」と決して侮れない偉大なイタリア野菜の一つ
Radicchio Rosso di Treviso(ラディッキョ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ)、
これから春に掛けてが旬の季節だそうです


ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです♪
    ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント - 6

ゆみゆみ  2010, 11. 19 (Fri) 22:22

赤チコリって初めてみました!
とろけるチーズがまだ食欲をそそりますね~w。

ワインの説明の表現が豊かで、感服しちゃいました~。流石ソムリエ!
私にもそんな表現の泉ががんがん涌いてくれればいいんだけどなぁ。

編集 | 返信 |  

kako  2010, 11. 20 (Sat) 05:10

赤チコリ。
今までチャレンジした事のない野菜でした!

でも、こんなに簡単で美味しそうに食べられるなら
今度買ってみよっと。

見てるだけでワインが飲みたくなってきたぁ♪
ステキなレシピ、ありがとうございます!

編集 | 返信 |  

Apfel  2010, 11. 21 (Sun) 00:42

赤チコリ、はじめて目にしました~!
スイスで売られているのは、白ばかりのようです。
こちらでは火を通さず、生でサラダに使用しますが、
私もあのシャキシャキの歯触りが大好きです。
赤いものはお味も濃厚なのですねー、
チーズと相性がぴったりなのですね~美味しそう♪

イル・キューゾ、
サンジョベーゼとピノ・ネロの組み合わせのワインもとっても気になります!
素敵なご紹介、ありがとうございました。

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 11. 22 (Mon) 00:59

ゆみゆみさんへ☆

赤チコリはドイツにはないのですね~。
イタリアにはこの時期色々な種類の赤チコリをあちこちで見かけます!
実は赤チコリととろけるチーズは、
今は亡き義母が大好きなお料理だったようでアルベルトから教わりましたが、
今では私の方が率先して作るくらい大好きになったイタリア料理の一つなんです♪

「ワインの説明の表現が豊か」こんな風におっしゃっていただけて光栄です~!!
でも私もワインの表現には毎回ほとほと困るのですよ~、本当に難しいですよね^^!

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 11. 22 (Mon) 01:15

kakoちゃんへ☆

赤チコリのこのお料理は簡単で美味しいから是非お勧めするよ~!
でもその際さっきもチラッと話したけど、
アジアゴチーズはあまり熟成していないタイプのを選んでね♪
赤ワインが進むよ~、楽しみにしててね(笑)



編集 | 返信 |  

Masami  2010, 11. 22 (Mon) 02:49

Apfelさんへ☆

なるほど~、スイスでも赤チコリはないのですね!
ドイツでもないとのことなので、本当にイタリア特有のお野菜なんですね♪

赤チコリはイタリアでも生でサラダ感覚でもよく食べます!
私もあの歯ざわりは大好きです~^^

今回私がご紹介したワインは、「Castello di Ama」という生産者のワインで、
サンジョベーゼ種の「Chianti Classico」や、
メルロー100%の「L'Apparita」というワインの方が有名くらいですが、
IL CHIUSO も上品でエレガントなワインです!
もしApfelさんがピノ・ネロ種がお好きなら是非お勧めしますよ~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。