上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このところ、寒いっ!と思ってはいましたが、
ここガルダ湖周辺の今朝の気温はとうとうマイナスに
明日は北イタリア全土で雪が散らつくとの予報もあるし、
いよいよ本格的な冬の到来を感じさせられます


そ~んな訳で今日は寒さ本番を迎えた北イタリアから、
インフルエンザ対策の話題を、
「イタリア式インフルエンザ対策10か条」 をご紹介したいと思います!


こちらは、
「Giornale di Brescia」と言うローカル紙の記事なのですが、
見出しの Influenza(インフルエンザ) の文字と色とりどりの唐辛子、目に入りますか~?


2010_1124インフルエンザ対策0273q


そうなんです!
今年のイタリアのインフルエンザ予防のキーワードは何と、 「唐辛子」!
続いて、「ニンニク」と「カレー」です!笑


イタリアの栄養監視団体(グラナ・パダーノ)によりますと、
インフルエンザの予防にはまず何より免疫力の向上が大切で、
それは食べ物と日常生活の見直しで充分に強化されるとのことなのです!


では、ちょっと長くなりますが、
イタリアの栄養監視団体が推奨します、
「イタリア式インフルエンザ対策10か条」、行きます


1・ お料理に率先して「ニンニク」「玉葱」を使うこと。
   これらの食材は多くのビタミンやミネラルを含んでいるだけでなく、殺菌作用があり、
   鼻の粘膜の炎症を和らげる効果もある。


2・ お料理の味付けに「レモン」を、お酢の変わりになるべく「レモン」を代用すること。
   レモンはビタミンCを豊富に含んでいるだけでなく、
   食物に含まれている鉄分の吸収力をアップさせる作用があり、
   鉄分には、風邪や喉の痛みや咳を鎮める自然防御力を強化する作用がある。


3・ スパイス類をふんだんに使うこと。
   スパイスは、血管を拡大させるなどして新陳代謝を活発にする他、発汗作用や体温調節に有効。
   カレー、パプリカ、唐辛子を普段以上に食卓に取り入れよう。


4・ 熱々の(チキン)スープなども、血管拡張には有効。
   痰や鼻づまりなどの症状を緩和してくれる。


5・ 水分を積極的に補給すること。
   お水、またはハーブティーなども効果が大。
   ハーブティーの中でも「ローズ・ヒップ」は、
   ビタミンCを豊富に含み、風邪の予防や改善などの効能があるといわれる。


6・ 1日の内に何回か完全に部屋を換気すること。
   部屋の中の細菌やウィルスを増殖させないためにも、換気はこまめにすること。


7・ まめな手洗いと、衣類の重ね着。
   こまめに上着を脱いだり着たりして体温調整ができるようにすること。
   勿論、厚着のしすぎで汗をかくのは禁物!
  

8・ 冷たい風に当たったり、屋外との気温差が大きい環境で過ごす機会の多いこの時期は特に、
   家の中と外の気温の変化に気を付けること。
   (気温の変化が10~15度を超えないようにすること!)


9・ 人出の多い場所への外出は極力控えること!


10・ お料理に率先して「ニンニク」「玉葱」を使うこと。
    これらの食材は多くのビタミンやミネラルを含んでいるだけでなく、殺菌作用があり、
    鼻の粘膜の炎症を和らげる効果がある。(①の繰り返しです!)



以上なのですが、いかがでしたか~?
結構、日本や他の国で言われていることと同じでしょうか?


でも、皆さんも気づかれたかと思いますが、
イタリアのインフルエンザ対策の中に、「うがい」 は入っていません。
聞くところによると 「うがい」 は日本独特のもので、他の国にはない習慣だとか~。
現に、夫や周りのイタリア人がうがいをするのを見たことはないですしね(笑)


何はともあれ、これから冬を迎える国の皆さんに少しでも参考になれば嬉しいです♪
我が家では(私が)この記事を読んでから、
ニンニクと玉葱と唐辛子を使ったお料理が頻繁に登場しています


ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです♪
    ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント - 4

Apfel  2010, 11. 27 (Sat) 06:04

インフルエンザ対策10か条、とても参考になりました~!
イタリア式とありますが、
きっとどの国でもお役立ちそうな10か条ですね♪
どれも意外に簡単なのが、すぐに始められそうです!
特にニンニク、タマネギを使用したお料理は、
身近に始められることですねー。
空気のマメな換気や重ね着での温度調整、
レモン汁やスパイスも使ったりするのも、今日からでもできますね!
早速参考にさせていただきます。
お互いに風邪をひいたり、インフルエンザにかからないよう、
体調管理に気をつけて、これからの冬を乗り越えてゆきましょうね♪

編集 | 返信 |  

きなこ  2010, 11. 27 (Sat) 11:49

手洗いや外出に関することよりも、
最初にばばばーんと食に関することが出てくるあたり、
さすが食のイタリアですね~~♪
ジュネーブでも、去年新型インフルエンザが流行ったとき、
いろんなところに張り出された注意書きに、
「鼻をかんだ紙は捨てましょう」というのがあって、
「当たり前やろ~~!」と突っ込みたくなりました。
でも、こっちではそれが当たり前じゃないんですよね~(^^ゞ
あと、こちらでは挨拶に頬に3回キスをするのですが、
それもなるべくしないように・・・とか・・・。
本当に、所変われば、ですね(^^ゞ
うがいは、風邪予防には、手洗いとともにとても効果的だと思いますけどね~。

↓「おくりびと」私も去年観ました。
ジュネーブでは映画館で上映していましたよ。
とっても良い映画ですよね~。
私も感動しました。

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 11. 28 (Sun) 02:53

Apfelさんへ☆

こんばんは♪
そうなんです、イタリア式とありますが
どの国の方にも採用していただける予防法が殆どですよね!
ただ、栄養監視団体が書いている記事だけあって、
食物からの予防が盛り沢山ですが(笑)
でも結局は「身体に良い」ことなので一石二鳥ですよね♪

実は私は去年の冬に日本で長く風邪を引いて体調を崩し散々な目に遭っているのですよ~。
ですので今年は免疫力を強化して、
風邪を引きにくい身体を作りたいと思っていて^^
本当にお互いに体調管理には気を付けてこの冬を乗り切りましょうね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2010, 11. 28 (Sun) 03:09

きなこさんへ☆

こんばんは♪
Apfelさんのお返事にも少し触れたのですが、
恐らくこの記事は栄養監視団体が書いたのもなので、
最初に食物からの予防が来ているのでは?と思われます^^!
でもきなこさんがおっしゃる様に、これってとてもイタリアっぽいですけどね(笑)

なるほど~、
ジュネーブでは新型インフルエンザの予防の一つに「鼻をかんだ紙は捨てましょう」
があるのですね、これはイタリア人に是非伝えたいです!
と言うのもスイスもそうかもしれませんが、イタリアではティッシュペーパーが固くて丈夫なので、
皆一枚のティッシュペーパーで何回か鼻をかんでいます(笑)
<挨拶に頬に3回キスをするのですが、 それもなるべくしないように>
これはもイタリアで是非採用したいです^^!

うがいは私も風邪予防にはとても大切だと思いますが、
効果はないという話も実際聞いたりします!

「おくりびと」はどうやら、世界の各都市で上映されたみたいですね~。
田舎暮らしの私には、縁遠い話で(涙)
映画館の大型スクリーンで是非観たかったな~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。