topimage

2017-11

6歳児の山ガール、7時間登山なるか?! - 2012.08.21 Tue



前回からの続きで、ドロミテの山登りの後半です(^^) 
(前回の記事は「こちら」)



063555.jpg                                                                                



登山スタートからおよそ3時間後の午前11時30分。
暫しの休憩を挟み2つ目の避難小屋 「Comici コミチ」 を後にした私達。
目指すは 「3つ目の避難小屋」 (Pian di Cengia ピアン・ディ・チャンジャ) (1時間コース)!!



実は1つ目の避難小屋を過ぎた辺りから体調不良を訴えていた夫アルベルト・・。
前日の寝不足と疲れが原因だったみたいなのですが、幸い少しずつ体調が回復




        07355.jpg
 

07455.jpg


復活してからは要所要所でサラをおんぶしたり肩車したり、
その後のサラの体力を考え 「全面サポート」 !



        07755.jpg


勿論サラも1人で頑張って登って・・・


        
          08255.jpg

08055.jpg


時にはこんな珍しい高山植物を 「キレイだね~♪」 なんて言う余裕もあったりしながら(笑)・・・




         087555.jpg



更にこんな岩山を登ること数分・・・


         088555.jpg


急に視界が開けて避難小屋が~♪♪


        09055.jpg
                                  AM12:35


無事に3つ目の避難小屋、 「Pian di Cengia ピアン・ディ・チェンジャ」 2528m に到着~


今振り返ると、この時点での疲れが一番のピークでした・・。


09355.jpg


3つ目の避難小屋からもこんな綺麗な景色が見えていたのに、 
我が家3人は極度の疲れのため終始無口で眺望・・(笑)


私とアルベルトはこれまた無言で 「腹ごしらえ」 をし(笑)、


09455.jpg


4つ目の最大目的地、「 Tre Cime di Lavaredo トレ・チーメ・ディ・ラバレード」 へと向かいました!!
(残り、あと1時間半!!)


ここで補足説明なのですが、
「トレ・チーメ・ディ・ラバレード」 は標高2999mある 「山の頂き」 なのですが、
私達が目指したのは(トレ・チーメ)を望める主要な 「避難小屋」 2405m。
3つ目の避難小屋からは150mほど下るかたちになりました。



097555.jpg


098555.jpg


前半は岩がゴロゴロしているこんな道を滑りながら下って・・・


10155.jpg

10555.jpg

10455.jpg


後半は、こんな細くて怖いような道をひたすらひたすら歩き・・・



095555.jpg

11055.jpg



途中こんないくつかの幻想的な湖を横目で見ながら(高所恐怖症の私は恐る恐る(笑))、
(これでもかと思うくらい)歩いて歩いて歩いて歩いて・・・・



11255.jpg
                                             PM2:30


午後2時30分、(トレ・チーメ)の避難所 「 Locatelli ロカテッリ」 2405m にようやく到着~



11355.jpg


正真正銘  「Tre Cime di Lavaredoトレ・チーメ・ディ・ラバレード」 標高2999m~!!
念の為に、証拠写真も(笑)



11655.jpg


その名の通り、3つの頂きが並ぶ絶景 「Tre Cime di Lavaredoトレ・チーメ・ディ・ラバレード」
一目見たら誰もが虜になってしまうほどの美しさを秘めています。



12055.jpg


勿論私達もいつまでもこの絶景を眺めていたかったのですが、
実は1つ目の避難小屋からホテルまでの最終馬車にどうしても乗りたかった私達は、
30分のトイレ休憩を挟んで、あわただしく帰路に向かうことに~!!


(この先は標高差1000mを1時間半かけて下ったのですが、
この間体力の限界を遥かに超えていたので写真撮影は無し(笑))



12855.jpg
                                             PM4:30


午後4時30分、1つ目の避難小屋 「フォンド・バッレFondo Valla」 に無事帰還・・・




12555.jpg


当初の予定通りホテルまでの送迎馬車に乗り込み、
今朝通ったハイキングコースを馬車に揺られて戻り・・・


18055.jpg
                                              PM5:00


朝ホテルを出発してから実に約9時間後、宿泊先のホテルに無事に戻りました~
本当に本当に、疲れました~~~~!!!




        22455.jpg
                                               

それにしても、
目標を達成した後のこちらの 「ドロミテの地ビール」 は、この上なく美味しかった~(笑)


私とアルベルトは当日の夜は足がつったりでよく眠れず、
翌日から3日間は強度の筋肉痛に悲鳴を上げながら過ごすほどでしたが、
またもう一度(トレ・チーメ)を見に、ドロミテの山に登ってもいいかも?!
(勿論、直ぐではないですが!(笑))


    
         14055.jpg



一方、無事に7時間の登山を果たした6歳の娘サラですが、
次の日にはもう何事もなかったように元気でした!!!!
(筋肉痛って何~?って涼しげな感じで(笑))



********



(トレ・チーメ)の完登を記念してオマケのもう1枚・・。


23055.jpg


照れ臭いので、この大きさで失礼しますね(^^)


ブログランキングに参加しています!
ポチッと応援クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

皆さんのクリックが日々の更新の励みになります~!
いつもありがとうございます(*^^*)

スポンサーサイト

● COMMENT ●

あ!まさみさん、お写真が♡
素敵な親子のショットですね(^^)

ブログ読んでるだけど、この登山がどんだけすごいか伝わりました
そして私はもう前半の時点で、というかスタートの時点で”無理”って思いました。。。
それを登りきったなんて、本当にすごい!
でも、この景色はその価値がありますね。
車で見にはいけないのかしら?w

しかし、サラちゃん、元気〜! 6歳の子なら途中でだだこねて登りたく無いとか言いそうなのに! いい子ですね♡

こんばんは。

わ〜、お疲れ様でした〜♪♪
Masamiさんもサラちゃんも本当によく頑張って歩かれましたね@@
素晴らしいです!!
旦那様も体調復活して良かったです。
お写真で拝見しても変化に富んだとても素敵な景色の数々...。
実際自分の目で見たら、感動すること間違いなしだと思いました^^

...筋肉痛、大変ですよね^^;
私も以前、低い山でも2,3日ペンギンかロボットの様に
歩いていたことが...(笑)
ホント、子供に筋肉痛という言葉はないのでしょうかね〜。

そして...初めて拝見したMasamiさん!
想像していた通りのと〜っても美しい素敵な方でした☆

素晴らしい景色にうっとりしました。
最近山に登ってないので、登ってる時の呼吸の苦しさや、下山時の膝ガクガクを忘れてましたが、
思い出すだけでやっぱり辛い(笑)。疲れ切って無言状態、よく分かります~。

そしてサラちゃん、筋肉痛がないなんてやっぱり若いわっ。
Masamiさんとサラちゃんのお写真も、すごくいい感じですよ!

マダム愛さんへ*

写真、頑張った記念に載せちゃいました(*^^*)
お褒めのお言葉、ありがとうございます~♪

私とアルベルトは体育会派なので(笑)、
「トレ・チーメ」までは頑張って登りたくなっちゃうのですが、
あまり登らなくても大丈夫なルートもあるそうですよ^^!
その場合、車を駐車する場所はまた全然違う場所になるようですが♪

サラも去年見た「「トレ・チーメ」」もう一回見たいと頑張ったようです^^!
「トレ・チーメ」は本当に一度見たら虜になるようなそんな美しさがありますよー!!

shokoさんへ*

こんにちは~!
はい、自分で言うのもおこがましいですが、
我が家3人、頑張ってよく歩いたと思います~(笑)
でも、去年は片道2時間半、往復4時間半のコースで(トレ・チーメ)まで登ったのですが、
7時間となるとやはり最後がかなりかなりしんどかったです!!
最後の下りでは膝は笑うしつま先は痛いし、太ももの前もじんんじん痛かったです!!(笑)

私もペンギンやロボットの様に歩いていましたよ~!!!
階段を下りる度に、「痛たっ!」とか言いながら(笑)
子供は筋肉痛はないのですね~。
子供の体力と回復力が羨ましい~(遠い目)

写真・・・
頑張った記念に載せちゃいました(苦笑)
こんな感じの私ですが、これからもよろしくお願いしますね~♪
お褒めの言葉を有難うございます(*^^*)

penedescatさんへ*

こんにちは!
本当にドロミテの景色は美しいですよね~♪
私もまだまだ色々な山に登ったわけではありませんが、
ドロミテのゴツゴツした石灰質の山々は独特の魅力を持っている気がいたします♪

penedescatさんも山に登られていたのですね~。
山登りは本当にしんどいですが、
素晴らしい景色を目にしたり頂上を制覇した時の感動は何事にも代え難いものですよね!!!
今回の下山時の膝ガクガクは凄いものでしたが(笑)

写真・・・
頑張った記念に載せちゃいました(苦笑)
こんな感じの私ですが、これからもよろしくお願いしますね~♪
「いい感じ」と言って下さって、すごく嬉しいです~(*^^*)

本当に幻想的な景色ですね!
でもほんとうにすごい岩山で....これを6歳の女の子が登ってしまったとは!
旦那様の優しいサポートがあってこそ、でしょうか。
それにしても筋肉痛もないとは、やはり「若さ」?(笑)
登山後のドロミテ地ビール、本当に美味しかったのでしょうね♪

Masamiさん、写真ちっちゃ過ぎです〜(笑)。
でもとってもお綺麗な方で...想像していた通り、そのままでした(笑)。

junebugさんへ*

サラは去年見た「トレ・チーメ」がもう一度見たい一心で頑張ったようです!
勿論、6歳という年齢を考えるとビックリしますが、
それだけ「トレ・チーメ」が人を魅了するのだろうな~と思いました^^!

はい、まさに若さですよね~!
回復力の早さはもう羨ましすぎます(笑)

写真・・・迷ったのですが、頑張った記念に載せてしまいました(*^^*)
こんな私ですがどうぞこれからもよろしくお願いしますね!
想像通りそのままとは、良かったです~(笑)

サ、サラちゃんすごい~!!うちの6歳児には絶対無理です(爆)
こないだのバカンスで炎天下の下1時間半歩いた(上りもありましたけど)だけで
ダンナと私はもう大絶賛!都会よりは歩いてくれますけど
最後は絶対に抱っこ&肩車・・・
トレッキングをしたくても、それが怖くてチャレンジできません
(うちは更に手ごわい3歳児もいるので・・・)
こちらは連日40度に手が届きそうな毎日、
この写真でちょっと涼ませてもらいました~。
まさみさん、想像通り上品なマダムだわ~♪

くみこさんへ*

お久し振りです~♪
サラはそんに凄いですかー?!
6歳児のママのくみこさんにおっしゃって頂けけると、信ぴょう性があります(笑)
サラは体力はある方だと思うのですが、性格的に凄く負けず嫌いなので、
夫に「サラに7時間登山は無理だよね~」何てふざけて言われたのが悔しくて頑張ったそうです。
後は去年見た「トレ・チーメ」が感動的だったので、
それをもう一度見たい思いが強かったみたです!

子供にとって登山の場合、動機づけはかなり大切なのかな?!
でも、くみこさんの場合JO君も抱っこになるでしょうから、
もっと大変ですよね!!

ここガルダ湖周辺も毎日暑いですが、きっとフィレンツェの方はもっとですよね?!

写真・・・想像通りで良かったです(笑)
迷ったのですが頑張った記念に載せちゃいました!
こんな感じの私ですが、これからもよろしくお願いしますね~(*^^*)

素敵な体験。むかーしむかーしの富士山登山思い出したかな?行ってみたい。

アチャコへ

コメントありがとう~♪

うん、凄く素敵な体験だったよ^^
でも、実は私、富士山に登ってないのよ~。あの時参加しなかったのよ~(笑)
富士山の登山はやっぱりそんなんに大変だったんだね^^;

あちゃこ、いつかトレ・チーメ・ディ・ラバレードに一緒に登ろうね~!!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebbiolo.blog10.fc2.com/tb.php/374-2bbcfe45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猛暑の夜、ちょっと羽目を外して夕涼み~♪ «  | BLOG TOP |  » The 山登り?!~ドロミテの絶景に魅せられて~

PROFILE

Masami

Author:Masami
イタリア在住17年。
住めば都となった北イタリアの田舎町で、心地よい暮らしを目指して日々奮闘中。

夫と11歳の娘+トイプードルの
3人プラス1匹暮らし。
→<プロフィールをもっと見る>

✿ミラノにて「イタリアワイン講座」を開催しています。ご興味がある方は下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい♪

ENTRY

MONTHLY ARCHIVE

COMMENT

CATEGORY

LINK

MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文: