topimage

2017-11

イタリア人どう思う?日本の家庭料理! - 2012.09.30 Sun



今朝、夫が、

「イタリアの雑誌(IO DONNA)に日本人の料理家が紹介されていたよ~!」

と嬉しそうにこちらの雑誌を持って来てくれました♪



         006llllll.jpg


雑誌 「IO DONNA」 (直訳すると、「私は女性」) は、
イタリアの全国紙 「CORIERRE DELLA SERA」 の土曜日版に付録で付いてくる女性誌で、
毎回旬の女性を表紙に飾り、その女性のインタビュー記事を始め、
ファッションや料理、旅行や健康の記事など、
女性が気になる話題が満載のイタリアではとてもポピュラーな雑誌なのですが・・・



       
005lllll.jpg



今日はその中に、
日本を代表する料理研究家として「栗原はるみさん」が紹介されていたのです~♪


「世界7か国の(マスコミで活躍する)料理研究家達!」 と題して記事の中では、
日本、エジプト、トルコ、インド、ロシア、アルゼンチン、ブラジル7か国のシェフや料理研究家達が
紹介されているのですが、日本人料理研究家としては栗原はるみさんを紹介!



  010llllll.jpg


記事の中では、
栗原はるみさんのプロフィールや、
来客時の料理が友人の間で評判となり、ご主人様の勧めもあって料理の世界へ入っていったこと。

「Your Japanese Kitchen」(NHKワールドテレビ)が世界各地で放送されていて、
世界に向けて英語で日本の家庭料理が紹介されていること。

イタリアでも栗原はるみさんの最新の本、「Cucina giapponese di casa」(日本の家庭料理)が
翻訳されて出版されたことなど、栗原はるみさんの様々なことが記されているのですが、
最後にちょっと面白いコメントが!!


Harumi mescola Oriente e Ocidente (はるみさんは東洋と西洋を混ぜる)


Una sua invenzione: la "Tofu lasagna" (彼女のオリジナルレシピの1つ・・・”豆腐のラザニア”)



  008llllllllllllll.jpg
                               ~我が家の栗原はるみさんの本より~


と、豆腐を使ったイタリア料理(ラザニア)を例に挙げて、
彼女のお料理は東洋と西洋をミックスすると書いているのです!


「日本人って、毎日お寿司を食べるの?」


「お寿司と天ぷら以外に日本人は何を食べるの?」



などの質問は今までに多々受けてきたので、

イタリアで日本の家庭料理が紹介されるのはとても嬉しいのですが、

和と洋をミックスする日本の家庭料理とのコメント(苦笑)


日本の家庭料理は純和風ばかりではないので一概に間違った表現ではないのだけど、

「イタリアで日本の家庭料理はどのように理解されていくのかな?」

とちょっと気になった私・・。


でも、夫にはそこそこ好評だった私も大好きな 「豆腐のラザニア」!

最近はヘルシー志向のイタリア人も増えてきたし、友人に 「日本の家庭料理」 として披露してみようかな~。

中々ウケるかもしれませんよね?!(笑)


2つのブログランキングに参加しています♪
  ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
  
皆さんのクリックが日々の更新の励みになっています!
今日も最後まで読んで下さって、どうもありがとうございます


スポンサーサイト

● COMMENT ●

豆腐のラザニアかぁ。
なんかいかにも、和と洋の組み合わせですねw
そしてイタリア人にウケそうな題材を取り上げたのかしら?

実は私、コチラに来て、彼女の和食本買いました〜
フランス語です。
別に、今更和食を勉強ってわけではなく、フランス人に対してどんな和食を紹介してるんだろうって気になって。(フランスの食材で作ってるって事だからそれまたきになって)
でも、、、やっぱり融合系が多かったです〜
私も今度作ってみようっと。
そして和食だよって、ゲストに出してみようかな〜 笑

Masami さん、こんにちは ♪

イタリアのおしゃれな女性雑誌に、各国からの代表と共に
日本を代表する料理研究家として
「栗原はるみさん」が ご紹介されていたなんて、すごいですねー!
栗原さんのレシピは私も大好きで、
彼女のお料理本は私のバイブルでもあるんですよ〜(*^_^*)
英語訳のレシピ本を
アイルランド人のお料理好きのお友達にプレゼントした事があったのですが、
欧米の方々のお口に合いそうなレシピも満載で、
とても喜んでいただけました。

日本人女性が世界で注目を受けるのは、とっても誇らしく、嬉しい事ですよね!

世界に数ある国の中で、日本の料理研究家の栗原さんが取り上げられているなんて、すごいですね。まさみさんも日本で出版された本をお持ちなんですね。わたしも一冊買って、レシピの参考にしてみたくなりました。

日本は食文化に限らず、言語でも絵画でも宗教でも、外国から入ってくる新しい要素をうまく取り込んで、より豊かな世界を築き上げるのが得意なのではないかと思います。西洋の料理に限らず、カレーや麻婆豆腐などの東洋の他国の料理も、当たり前に毎日の食卓のバリエーションの一つとしてあるのも、日本の家庭料理のいいところの一つかなとわたしは思います。それに比べると、イタリアではまだまだ自国、あるいは自分の国の料理へのこだわりや愛着が強くて、外食はそういう店ですませても、毎日の食生活に異国由来の味が入るということが少ない気がするのです。

こちらで買ってよく使っている日本料理の本に、piatti contaminatiという章があって、他国の料理の影響を受けた料理のレシピが紹介されているのですが(それにしてもcontaminatoって、何となく悪いニュアンスを感じますよね。純粋な和の料理ではないってことなんでしょうが)、その中に、焼肉のレシピや焼肉のたれの作り方もあり、日本では自分で焼肉のたれなど作ったことがなく、こちらでその味が懐かしかったわたしは助かりました。

こんばんは。
栗原はるみさんのレシピは私も大好きで
今でもよく参考にしています!
結婚当時、まったくお料理をしなかった私が
まず本屋さんで買ったレシピ本が彼女のものだったんですよ。

和と洋のコラボってことで思い出したんですが、
和風パスタを作ると
「これをイタリア人が食べたら、どう思うんだろうね?」って
主人とよく話をします。
もちろんイタリアでは、
醤油味のパスタとかはないんですよね???
すみません、急に質問になっちゃって。

日本食の良さがイタリアでもどんどん広まるといいですね!

マダム愛さんへ*

こんにちは!
栗原はるみさんの本はフランスでも売られているですね~。
英語本が出ているのは知っていましたが、やはりフランスにも!
(まあ、イタリアでも出版されているので当たりませかな?(笑))

フランス語のはフランスの食材を使ってということは、
イタリア語のはきっとイタリアの食材を使っているのですね~。
それは気になる!!(笑)

融合系の日本食がウケている国もあるので、
私達も頑張って作ってみましょうか?(^^)
その時は感想を聞かせて下さいね~♪

Apfelさんへ*

そうなんです、
イタリアではかなりの購読者数を占めるこの雑誌に栗原はるみさんが紹介されていたのは、
私もとても嬉しく誇らしく思いました~♪

アイルランドのお友達は栗原はるみさんのレシピを喜んでいらっしゃったのですね~!
個人的にはアメリカ人には日本の融合系の和食はウケるのが想像できるのですが、
イギリスやアイルランドの方達にも受け入れられるのですね!!

自国の料理をこよなく愛するイタリア人はどういう反応を示すかな?
でも、形はどうあれ、
日本の家庭料理がイタリアに浸透していってくれると嬉しいです(*^^*)

なおこさんへ*

<日本は食文化に限らず、言語でも絵画でも宗教でも、
外国から入ってくる新しい要素をうまく取り込んで、より豊かな世界を築き上げるのが得意> 
確かにそうですよね~!!
言語はカタカタ表記のものは外国から入ってきた言葉だし、
お料理も世界各国の料理を日本の家庭料理として取り入れていますものね~。
でも、おっしゃる様に、それが日本の家庭料理のいいところなのかもしれませんね♪

一方イタリアでは確かに外国から入ってきた料理を日常の家庭で食べるのは極わずかですよね~!
日伊の食文化比較、面白いですね(^^)

栗原はるみさんのレシピは(イタリアで出版ものは知りませんが)、
西洋でも手に入る素材を上手く取り入れた美味しい融合料理が沢山ありますよ!
ぜひお勧めです~♪

のりえさんへ*

こんにちは~♪
栗原はるみさんの本は、
私もお料理をするようになって初めて手にした本です(^^)
美味しく嬉しいレシピが一杯ですよね♪

醤油味のパスタ、確かにイタリアでは食べませんね(笑)
でも、パスタに醤油味はとても合うのに!
後、納豆スパゲッティとか(^^)
まずは手始めに、夫に色々と食べさせてみようかな?(笑)

今や栗原はるみさんって世界的に有名なんですね~
日本の家庭料理って自分の「おかあさん」の味、
そしてまたおかあさんのって感じで続いていくように思います。
私もご主人様には納豆や塩辛など挑戦されて欲しいですね(笑)

こんばんは〜。

栗原はるみさんのお料理は、毎日のお料理が短時間で美味しくなる
色々なアイデアがいっぱいで私たち一般主婦にも作りやすくて
美味しいレシピがたくさんありますよね。
また、飾らないお人柄が素敵だな〜って思います。


...イタリアの方って、ほとんど毎日イタリア料理を
食べているイメージがあるのですが??^^
おそらく日本人って世界で一番?色々な国のお料理を
アレンジして食べているのでは??...といつも思っているのですよ。
海外の方からすると日本人の家庭料理って想像しにくいのかも
しれませんね。


ろろすけさんへ*

実は私も栗原はるみさんのレシピは大好きで時々イタリアでも作っているのですが、
こんなに世界的に有名になっているとは知りませんでした!
今や、英語に翻訳された彼女の料理本は世界各地で販売されているみたいですね♪

日本の家庭料理って、確かに「お母さんの作る料理」なんでしょうね~!
考えてみれば、私がサラに作っているお料理の中には純和風は全然無いです(笑)

そうそう、アルベルトは大の納豆好きで、塩辛も大好きなんですよ~!!
イタリア人にはきっと珍しいタイプですね(^^)

shokoさんへ*

実は私も栗原はるみさんのレシピは大好きで時々イタリアでも作っているのですが、
確かにアイデア一杯の嬉しいレシピが沢山ありますよね~(^^)
私は栗原はるみさんをテレビなどで見たことはないのですが、飾らないお人柄なのですね~!

はい、イタリア人は家庭では殆ど毎日イタリア料理を食べています(^^;)
まあこれは年配の方には分かるのですが、
イタリア料理しか食べたことがない若者もかなり多いと思います!!

<おそらく日本人って世界で一番?色々な国のお料理を
アレンジして食べているのでは>全く同感です(^^!)
現にサラが食べている私のお料理に純和風は殆ど無いですし(苦笑)

外国では日本の家庭料理は確かに想像しずらいかと思いますが、
イタリアに上手く日本の家庭料理が浸透していくことを願って止まない私です(*^^*)

栗原はるみさんて、世界7カ国で紹介されているのですね!
彼女のお料理のことはよく分からないのですが、
確か手に入りやすい材料で作れる家庭料理のようなもでしたか?
日本の家庭料理って西洋と東洋の融合、と言われれば確かにそうですね^^
イタリア人にはそのような日本の家庭料理はどう受け入れられるのでしょうか?
Masamiさん、是非豆腐のラザニアをイタリア人に振る舞って、
その感想をアップしてくださーい(笑)。
興味津々です^^

こんにちは。

先日コメント下さった ぱおさんの塩ヨーグルト
9月4日にアップされてます。
応用料理も 4日以後に続けてアップされてらっしゃいますよ!

はやとうりさんの利休揚げは 8月17日にアップされてます。

どちらも お気に入りのお料理です。
宜しければチェックなさって下さいね~。(^o^)丿

栗原はるみさんファンも多いですし 料理本コーナーでも
沢山本が置かれていますね。(*^_^*)

junebugさんへ*

栗原はるみさんのレシピは時々イタリアでも作るのですが、
身近にある簡単な素材でアイデア一杯の嬉しいレシピが沢山あります(^^!)

イタリア人は本当に基本イタリア料理しか食べないですからね~(笑)
和と洋の融合料理をどう評価するか?!
はい、豆腐のラザニアを披露するときは、是非ブログにアップしますね(^^)

mon tresorさんへ*

わ~、わざわざ詳しい情報をありがとうございます!
早速覗いてみますね♪

私は栗原はるみさんの初期の頃の本しか持っていないのですが、
息長く活躍されている方ですよね~。
日本に戻ったら彼女の本をまたチェックしたくなりました(*^^*)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nebbiolo.blog10.fc2.com/tb.php/395-3fa6c40b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

運を天に任せて~♪ «  | BLOG TOP |  » 家族でミラノへ!~お寿司にドゥオモにピカソ展~

PROFILE

Masami

Author:Masami
イタリア在住17年。
住めば都となった北イタリアの田舎町で、心地よい暮らしを目指して日々奮闘中。

夫と11歳の娘+トイプードルの
3人プラス1匹暮らし。
→<プロフィールをもっと見る>

✿ミラノにて「イタリアワイン講座」を開催しています。ご興味がある方は下記のメールフォームからお気軽にご連絡下さい♪

ENTRY

MONTHLY ARCHIVE

COMMENT

CATEGORY

LINK

MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文: