上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日、ブログ友達のなおこさんの記事 「ピサで毒キノコ中毒死」 を読み、
ティラミスでの苦い経験を思い出した私・・。


実は今から6年前の話になるのですが、
私はティラミスで「サルモネラ食中毒」にかかった経験があるのです。   「*サルモネラ食中毒とは


6年前の9月のことなのですが、私と夫は日本人の友達Mちゃんの自宅パーティーに招待をされました。
お料理上手なMちゃん、その日は握り寿司や巻き寿司を始め数々の日本食を用意してもてなしてくれたのですが、
ちょうど皆が揃った頃に当時産まれてまだ3か月の娘サラがグズリ出して。


仕方がないので別室で母乳をあげ、
サラを寝かしつけた後テーブルに戻ってみるとお寿司などはほぼ完売状態(苦笑)


幸いアルベルトが残してくれたお寿司やお料理が少しあったのでそれを食べたのですが、
授乳中はもの凄い食欲があった私はそれでもまだかなりお腹が空いていて、
その後に出てきた「友人作のティラミス」を何と「2人分」平らげてしまったのです・・。



tiramisubbbbbbbbb.jpg
                                   

一般に鶏卵の殻に付着しているとされるサルモネラ菌は加熱をすると消滅するのですが、
ティラミスは生の鶏卵を使うお菓子で、きっと友人は殺菌消毒などされてない鶏卵を使ったのか、
サルモネラ菌が繁殖する温度下(この日は残暑厳しい9月)にティラミスが置かれていたのか・・。


いすれにしても、
この時同じくティラミスを食べた夫や友人達も皆サルモネラ食中毒にかかったのですが、
幸い食べた量が少なかったことから症状は軽く数日で完治したのに対し、
2人分のティラミスを食べ、尚且つ産後で免疫力が低下していた私の場合はかなり重症でした。


悪寒、発熱から始まり酷い下痢と腹痛が何日も続き、水も痛くて飲めないことから母乳も止まり、
腹痛に耐え切れずに夜中に夫に救急病院まで運んでもらうなど、
今思い出すだけでもぞっとするほど苦々しい経験です。


日本では普通に売られている鶏卵は必ず低温殺菌していますし、
通常は生卵を食べてもサルモネラに感染することは極稀だそうですが、
それでも買ってきた卵は直ぐに冷蔵で保存して早い時期に食べ切るなどを心掛けると同時に、
免疫力が低い幼児やお年寄りや妊婦さんなどの場合は周りの方は特に気を付けていただきたいと思います。


あれから6年。
流石に今ではティラミスを多少口にすることもあるのですが、
いつまでも私には苦い思い出のまま残っている 「ティラミス」 ・・。


サルモネラ菌は高温多湿の環境の中で増殖するため、
サルモネラ中毒は6月頃から増え始め、7~8月が発生のピークだそうです。
皆さん、夏場は特にお気を付け下さいね!!


~鶏卵を安全に食べるための注意点(ある養鶏家の方のHPから)~
①10℃以下で保存する。(*20℃以上で菌は増殖します)
②卵を割った状態で保存しない。食べる直前、調理する直前に割る。(空気中の雑菌がつきます)
③調理したら室温で放置しない。なるべく2時間以内に食べる。
④冷たい料理は10℃以下で保存する。
⑤洗ってから使用する。
⑥ヒビ割れのあるものは加熱調理する。
⑦賞味期限後は加熱調理する。


2つのブログランキングに参加しています!
上からポチポチっと応援クリックしていただけると嬉しいです♪  

  ↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

地域情報(イタリア) ブログランキングへ
  
皆さんのクリックが日々の更新の励みになっています!
いつもありがとうございます


スポンサーサイト

コメント - 13

junebug  2012, 10. 26 (Fri) 11:02

Masamiさん、ティラミスにそんな苦い経験があったのですね!
産後で身体も弱っているときに本当に大変でしたね...。
サルモネラ菌、とても怖いと知っていつつ、
シカゴ在住時はやはり生卵が恋しくて怖々生で食べていました。
幸運にもサルモネラ菌にあたることはありませんでしたが^^
韓国で売られている卵は低温殺菌されているのか分かりませんが、
やっぱり怖々生で食べています。
なんだかMasamiさんの記事を読んで怖くなってしまいました(笑)。

編集 | 返信 |  

mon tresor 2007  2012, 10. 26 (Fri) 14:34

こんにちは。

ティラミスでまさか まさかの・・・ですね。
でも読んでいると怖いですね。
私は生のカニを食べるとダメですね。((+_+))

一度 食べ物でそういうことがあると
少し食べるの躊躇しますよね?
生のカニは口にしませんが 加熱したものでも
気をつけています。

日本のものは低温殺菌されているのですね。
海外で同じ様な感覚でいただくと そんなことも
起こるのでしょうね?

夜中に救急病院・・・それは お辛かったと思います。(>_<)

編集 | 返信 |  

マダム愛  2012, 10. 26 (Fri) 19:15

そんな苦い経験があったんですね!
ティラミスでなんてびっくり!
でも、確かに生の卵ですもんね、、、、

だからヨーロッパでは卵を生で食べる習慣があまりないんですね!
勉強になりました!
私、まったく気にせず生卵食べちゃってたので
これからは気をつけよう、、、、汗

編集 | 返信 |  

のりえレシピ  2012, 10. 27 (Sat) 09:37

おはようございます。
ティラミスでそんなつらい経験があったんですね。
身近でよく食べるケーキなので
ビックリしましたが、海外の生卵は基本的には
要注意っていいますもんね。

私は牡蠣でつらい経験があります。
結局、あたったのではなく
牡蠣アレルギーだったことがわかりました。
これからのシーズン、スーパーで牡蠣をみるたびに
あの辛かったことを思い出すんですよね。。。。

編集 | 返信 |  

なおこ  2012, 10. 27 (Sat) 16:49

まさみさん、産後でまだサラちゃんが幼かったこともあって、本当に大変だし、おつらかったことと思います。ティラミスは、おいしいので、カロリーが高いと知りつつ、つい食べてしまうのですが、確かに生卵を使うので、そういう危険も伴っているのですよね。母乳まで止まって、救急病院に、まさみさんもだんなさんも、つらい上に、かなり心配もされたことでしょう。こんなに身近な食べ物にサルモネラ食中毒の危険があるとは…… 実は我が家で飼っている鶏の卵を食べているのですが、ですから殻の消毒はできていません。最近は殻に宿るとは知っていて、卵の殻に触れたら、すぐに石けんで手を洗うようにはしていたのですが、殻の汚れが割りようによっては卵に移ることもありますよね。たまにですが、生卵としょうゆで炊きたてのごはんを食べることのあるわたしですが、次回からは、卵を割る前に洗剤で洗う必要があるでしょうか? 消毒法をいろいろと調べてみます。

ペルージャ近郊の農家では、昔むかしは朝食には、生卵に穴を開けて飲んだ場合も多かったようで、今でも時々、義父は「おいしい!」とそうやって食べることがあり、姪っ子たちにも勧めたことがあるようです。幸い、中毒にはなりませんでしたが、うちで調理に使う卵の殻には鶏の糞も若干こびりついて残っている場合も多いので、新鮮な卵とは言え、今後はもっと注意をしたいと思います。ジェラテリーアでジェラートを食べて、サルモネラ食中毒にあった人がいると、友人から聞いたこともあります。自分とそして大切な家族の健康と命を守るためには、いろいろと情報にもアンテナを張り、注意する必要がありますね。貴重な情報をどうもありがとうございました。

編集 | 返信 |  

shoko♪  2012, 10. 28 (Sun) 00:49

こんばんは。
海外では生卵を食べられないとはよく耳にしますが
ティラミスで@@
サラちゃんが産まれたばかりだったということもあり
それは大変な思いをされましたね...><

そのお友達も、きっと申し訳ない気持ちでいっぱいだったことと思います。
そういうこともあると思うと、おもてなしする時など
いろいろ注意しなくては!と改めて思いました。

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 01:32

junebugさんへ*

恐らくアメリカでも韓国でも普通に売られている卵は低温殺菌などはされているのでしょうね~。
ただ、念の為に殻を洗剤で洗うなど、
最新の注意を払った方がいいかもしれませんね!

海外でも時々は生卵は食べたいですよね~、お気持ち分かりますよ!
怖い思いをさせてしまって恐縮です(^^;)

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 01:40

mon tresorさんへ*

本当にまさかティラミスであたるとは思いませんでした(><)

はい、一度食べ物で辛い思いをすると、躊躇しますよね!!
私はティラミスは食べても2,3口でしょうか。
でもどこかで「もしかしたら」と思って食べています(苦笑)

mon tresorさんは生の蟹辛い思いをされているのですね~。
加熱したものでも気を付けられているとは大変ですね(><)

イタリアの卵もスーパーなどで売っている卵は大丈夫だと思うのですが、
養鶏している個人宅からもらったりする人も多いみたいで・・。
その場合、品質の判断は難しいですよね!

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 01:42

マダム愛

本当にまさかティラミスであたるとは思いませんでした(><)

ヨーロッパの卵もスーパーなどで売っている卵は大丈夫だと思いますよ。
勿論、念の為に念の為に殻を洗剤で洗うなど、
最新の注意を払った方がいいとは思いますが!

イタリアでも田舎暮らしになると、
養鶏している個人宅からもらったりする人も多いみたいで・・。
その場合、品質の判断は難しいですよね!

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 01:54

のりえさんへ*

はい、私も本当ににまさかティラミスであたるとは思いませんでした(><)
それまでは私もしょっちゅう食べていたのですけどね~。
今では2,3口がやっとで、でもどこかで「もしかしたら」と思って食べています(苦笑)

のりえさんは牡蠣で大変な思いをされたのですね・・。
牡蠣を見る度に辛かったことを思い出されるとのこと、
お気持ちよくわかります(><)

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 17:21

なおこさんへ*

私も時々鶏を飼っている方から卵をいただくのですが、
味が濃くて本当に美味しいですよね~!!
でも、生卵でいただくなら、絶対に殻は洗剤で洗った方がいいかと思います!

ジェラートでサルモネラ中毒になった話は初めて聞きましたが、確かにジェラートも生卵ですものね・・。
おっしゃる様に、お互いに自分と家族の健康と命を守るため、
卵や生卵への認識を改めて見直し日々過ごして行きましょうね♪

編集 | 返信 |  

Masami  2012, 10. 28 (Sun) 17:34

shokoさんへ*

はい、私も本当ににまさかティラミスであたるとは思いませんでした(><)
それまでは私もしょっちゅう食べていたのですけどね~。
今では2,3口がやっとで、でもどこかで「もしかしたら」と思って食べています(苦笑)

確かにこの事件はお友達にとっても非常に心苦しい一軒となり、
私もこのことをきかけに、
お友達をおもてなしする時に更に気を使うようになりました!

編集 | 返信 |  

-  2013, 02. 12 (Tue) 12:16

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。