上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のブログでお伝えした通り、5日間の滞在中、
父とアルベルトと私の3人でドロミテ山塊の代表的な山、
トレ・チーメ・ディ・ラヴァレードに登ってきました!



自称、スポーツウーマンの私は根っからの運動好き。
スポーツはやるのも観るのも大好きですが、山登りはまだまだ初心者。
(イタリアでは、地元のガルダ湖を一望できる山に登ったことはありますが・・。)



アルベルト 「この滞在期間中に、登りたい山があるのだけど」
私 「いいよ~喜んで!で、どんな山?」
アルベルト 「この辺りですごく有名な山だよ!」
私 「そう・・。どのくらい大変なの?」
アルベルト 「片道で3時間くらい登るかな?でも、ゆっくり登れば大丈夫だよ!」
私 「OK、じゃあ、お父さんと3人で登ろうね!」



***************



そんな訳で、私と父とアルベルトの3人は、Saraを母に預け山登りへ出発♪



Val Fiscalina 041
ホテルを出てすぐの景色。
朝8時15分ともあって、肌寒いくらいの気温。
でも、空気が澄んでいて爽やかで気持ちいい~!



Val Fiscalina 044
この辺りはまだハイキングコース♪




Val Fiscalina 111
出発地点から30分くらいの所にある非難小屋、兼レストラン
ハイキングが目的の人はここが終点。




Val Fiscalina 136
途中には、こんなに可愛らしい高山植物も♪





Val Fiscalina 137
後ろ姿のアルベルト
目的地は、この山の更に奥にある山!





Val Fiscalina 174
頂上らしき山!でもこれじゃない(涙)
一体、いつまで上るの~~??



Val Fiscalina 166
”102”を目印に、ひたすら登り続ける私達。
これって、本格的な登山ですよね~?!



Val Fiscalina 180
あっ!左に非難小屋が見えてきた~~!
まさに「アルプスの少女ハイジ」の世界☆




Val Fiscalina 204
この景色を見たら、疲れが一気に吹き飛んでしまいました!
おとぎ話しの世界に迷い込んだような、何とも言えぬ幻想的~!




Val Fiscalina 208
これが、トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード ”3つの峰”




ここにある非難小屋でビールを飲むつもりでいた私達なのですが、
携帯電話の電波なく母と連絡が取れないのと、
雲行きが怪しくなってきたという理由で、
30分くらいの休憩ですぐに引き返すことに・・。
地元の名物、ステュルーデル(Strudel)(アップルパイ)はしっかり食べましたが(笑)



3時間登り続けるのも大変でしたが、急な坂道を下り続けるのもしんどかった~!
何より、重心がつま先にかかるので、つま先が痛かった~(涙)



***************



まだまだ初心者な私ですが、すっかり山登りにはまってしまいました~♪
あんなに辛い思いをして登ったのに、頂上を制覇できたときの達成感は
言葉では言い表せないほどでした!
そしてはやり、ドロミテの絶景は人を魅了するのですよね☆



プロ使用!の登山靴をアルベルトがプレゼントをしてくれたので、
今度はいつ山に登ろうかとさっそく計画中です(笑)





スポンサーサイト

コメント - 16

ロッタ  2008, 08. 13 (Wed) 01:30

とってもきれいな景色ですね~☆
まさにハイジですね!
3時間ですか...、今の私の筋肉では救助が必要だわ(^^;)
登らずとも素晴らしい景色を鑑賞させていただき、
ありがとうございます(笑)

編集 | 返信 |  

ピッコリーナゆか  2008, 08. 13 (Wed) 16:25

スイスみたいですね

masamiさん、ご無沙汰しています。
体調を崩されたようですが大丈夫ですか?
ご両親が帰られて、気が抜けて疲れが出てしまったの
かしら?楽しいくて充実した時間と登山を楽しまれたんですね。

イタリアっていうと、あまり山はイメージしなくて、景色が
姉のスイスのガイドブックの風景になんだか重なるような
と思いながら、楽しませていただきました。紫の綺麗な
高山植物ってリンドウ?桔梗なのでしょうか?

次回の登山に備えてのアルベルトさんからのプレゼントe-266素敵です!!また綺麗な景色や写真を見せて
下さい。

身体をゆっくり休めて元気になってくださいね。

編集 | 返信 |  

サレルニターナ  2008, 08. 13 (Wed) 22:08

こんにちは!
画像を見てたら、なんとなく涼しい山の中に入って行ってるような錯覚になりました。アルプスの少女ハイジを思わせるような美しい景色ですね。
北イタリア出身の友人が毎年山にヴァカンスに行き、山の美しさを話して聞かせてくれるので一度は行ってみたいな~、と思っています。
それにしても片道3時間!Masamiさんってスポーツウーマンねぇ~。すごい!

編集 | 返信 |  

くみこ  2008, 08. 13 (Wed) 23:16

登山!

こんな登山も魅力的だけど、何より子供を預けてっていうのが更に魅力的(笑)
私は昔、国内では大学の授業アシスタントで根子岳、アメリカのザイオン国立公園で登山しましたが、どちらも上りは5時間くらいかかりました(今は無理ーーー!)でも、上った時の爽快感、特に景色で疲れはぶっとびますよね。
ああ、ますますドロミテに行きたくなりました~!

編集 | 返信 |  

La cucina di Giulio  2008, 08. 14 (Thu) 04:22

絶景!!!!

まさに体を張った写真ですね(笑)でも登山の様子がよくわかって楽しませて頂きました。靴は必要ですとも!私は以前、ドロミテ近郊の小さな山になぜかビーチサンダルで登る羽目になり、とても大変だった経験があります。特に下りが。。。次回の登頂話も待ってますよ。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 08. 14 (Thu) 23:11

*ロッタさんへ

登りの3時間は何とかなりましたが、
その後しっかり筋肉痛になりましたよ~(笑)
でもドロミテには、ロープーウェーで上れる山も沢山あるので、
是非お勧めですよ♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 08. 14 (Thu) 23:21

*ピッコリーナゆかさんへ

まさに両親を送り出し、気が抜けて一気に疲れが出たみたいです(笑)
今週は、気が向くままにスケジュール無しの1週間を送っていますよ!

イタリア、実は山が多い国なんですよ~!
北イタリアにあるアルプス山脈や、
イタリアを縦断しているアペニン山脈など・・。
でも、キレイさから言ったら、ドロミテがやはり断トツかな?
イタリアは、山も海も近くにある自然が一杯の国ですよね♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 08. 14 (Thu) 23:26

*サレルニターナさんへ

お久し振りです、こんにちは♪
私も今年初めてドロミテに行きましたが、本当に素晴らしく、
またすぐにでも戻りたいくらいです!
ドロミテを見た友人は皆、はまっていますね~。
それに、住んでいる人達もイタリア人というよりドイツ人ぽくて、
すごくキッチリしているところも、いいですよ(笑)
是非、行ってみて下さいね♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 08. 14 (Thu) 23:32

*くみこさんへ

本当に母のお陰で、久し振りに山登りを堪能しました!
えっ、くみこさんは5時間も登ったのですか?スゴイ~~!
私は今回登り終えて、次回はもう少し楽な山がいいな~っと思ったのに~!
でも確かに大変であれば大変であるほど、
頂上を制覇した時の達成感はすごいでしょうね(笑)
くみこさん、是非ドロミテに行ってみて下さいね!
はまりますよ~(笑)

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 08. 14 (Thu) 23:53

*La cucina di Giulioさんへ

本当に、靴は大切ですよね!
ビーチサンダルで山に登ったとは、それはさぞかし
痛かったでしょうね・・。
私の靴は一応登山靴だったのですが、サイズがピッタリすぎて、
下りには不向きでした。少し大き目のサイズを買うのがいいとは知らず、
デザインなので選んでましたからね・・。
近いうちにまたドロミテノの山を登りたいと思っているので、
その時はまたレポートしますね♪

編集 | 返信 |  

りおん  2008, 08. 19 (Tue) 08:55

うわー

絶景ですね!これは苦労して登った甲斐があるというものです!!!
建物の名前といい(pt1)、雰囲気といい、オーストリア/ドイツととっても似てきますね!やっぱりひとつの山脈をはさんだ両側、国は違っても雰囲気は似るんだ、と妙に関心。
こういう自然を見ると、心が洗われますよね~☆

編集 | 返信 |  

sanae  2008, 08. 19 (Tue) 09:46

お久しぶりです。
すごい絶景ですね。ホント、ハイジみたい。
だけど、頑張って登ったあとに、こんな素敵な景色が待っていると、疲れも一気に吹き飛びそう。
北イタリアって行く機会があんまりないんだけど、いつか行ってみたいなぁ。

編集 | 返信 |  

Riccia  2008, 08. 21 (Thu) 20:28

すごい!!!

こんにちは!御無沙汰しています。

すごいですね、ドロミテ登ったんですか!それも登り3時間!私もよくドロミテに行きますが、登りせいぜい2時間くらいです(汗)最近はキリンが引っ張ってくれるからもう少し登れるかもしれないけど(キリンは登りは強い見方ですが、下りは要注意犬です)

サラちゃんが大きくなったら、親子登山いいかもしれないですね!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 09. 02 (Tue) 06:06

*りおんさんへ

返事が遅れてゴメンなさいね~。

この絶景、今までには見たことがないくらいに素晴らしかったです!
私はどちらかと言うと、山より海派なのですが、
ドロミテだけは「また行きたい!」と思えますね☆

それに本当に、イタリアに居ながら他国の雰囲気が味わえますよ♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 09. 02 (Tue) 06:16

*sanaeさんへ

返事が遅れてゴメンなさいね~。

今回の登山、頂上付近の景色が何しろ素晴らしかったです!
本当に頑張って登った甲斐がありましたよ~(笑)

ドロミテ、ローマからだとかなり遠いですが、
是非行ってみて下さいね!
強くお勧めします~~!



編集 | 返信 |  

Masami  2008, 09. 02 (Tue) 06:21

*Ricciaさんへ

こちらこそご無沙汰しています!
返事が遅れてゴメンなさいね(涙)

Ricciaさんもよくドロミテに行かれるのですね。
最高ですよね~!景色を始めとして、空気はキレイだし食べ物も美味しいし!
どの辺りに行かれるのですか?

キリン君が登りを引っ張ってくれるなんて、いいな~。
力強い助っ人ですね♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。