上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初日記でも触れましたが、
私の最近のマイブームは、甲州ワインです!


きっかけは、イタリア人の夫が買ってきたからなのです。


その日は、私の実家に滞在していた夫が、
私たちのためにイタリア料理を披露しました。
メニューは、トマトのブルスケッタとサーモンのマリネ、
それに魚介のパスタでした。


夕飯の支度が終わりかけた頃、ワインの用意が無いことに気づき、
慌てて近くのスーパーで買ってきたのが、甲州ワインだったという訳です。


生まれて初めて飲んだ、その甲州ワインの印象は、”デリケート”。
でも、綺麗にまとまっていて、楚々とした女性を思わせる様でした。


その後、数日して、再び甲州ワインを口にする機会がありました。
場所は、友達と行った、フレンチレストラン。
ランチだったこともあり、グラスで飲んだのですが、
1杯目の、オーストラリアのシャルドネに負けず劣らず、
素晴らしい個性を持っているワインだったのです。
”美味しい!!!”久し振りに、目からうろこが落ちるようでした。
こんなワインが日本にもあるんだ~~!


この、私がとりこになった甲州ワインのバリックタイプを、
今晩、夫と二人で飲みました。

甲州樽貯蔵



薄い麦わら色で、アカシアのハチミツ、白い小花、
若い洋ナシ、ライム、桃、ヘーゼルナッツなどの香り。
上品で、抜群のバランスの良さを持ち、
後口に、ふわ~っと、甘くやさしい広がりが残るのがポイント!


イタリアでワイン業を営んでいる夫も、
日本でこんなワインが造れるんだ~っと、大絶賛でした






スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。