上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イタリアでは今が旬なかぼちゃ*
かぼちゃ好きでパスタ好きならば、必ずハマル1品がこれ!!



このお料理はBrescia(ブレーシャ)のお友達、Kちゃんのお家に遊びに行ったときご馳走になったのだが、      大のかぼちゃ好きの私にとっては忘れられない1品となりました~*
ちなみにこのお料理は、Kちゃんのお義母さんのレシピだそうです!




かぼちゃのパスタ 017

かぼちゃのホクホク感、写真から伝わりますか~?



<作り方>
1・ 適当な大きさのかぼちゃを、2センチ角くらいに切る
2・ 鍋に、少量のバターとオリーブオイルを入れ、?のかぼちゃを入れ炒める
3・ しっかり炒めたら少量の水を加え蓋をして、蒸し煮する (10分程度)
4・ 分量のスパゲッティーをアルデンテ(少し芯が残る程度)に茹で上げる
5・ かぼちゃが柔らかくなったら少量の塩を加え、箸などで混ぜ合わせる
6・ 茹で上がったスバゲッティーを?に入れ混ぜ、少量のオリーブオイル、パルメザンチーズ、
   あればイタリアンパセリを散らす



何と所要時間、たったの15分!
なのに、食べた時の満足感は素晴らしいものがありますよ~(笑)



そしてこの1品、ダイエット中の方にも最適です!
なぜなら、かぼちゃはイモ類の中でも栄養価が高い割にはカロリーは低く、腹持ちがいいのです。



現に私、ランチに具沢山サラダを食べたりすると、夕方頃にお腹が空いて仕方がないのですが、
今日このパスタを食べた後は、夜まで空腹感と戦わずにすみました~(笑)



ちなみにかぼちゃ料理を美味しく作るコツは、水っぽくない甘いかぼちゃを選ぶこと!
それさえあれば、誰でもおいしく簡単にできるこのパスタ、是非お試しあれ~♪





ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
スポンサーサイト

コメント - 12

keittey  2008, 10. 22 (Wed) 08:12

Masamiさん、こんにちは^^!
かぼちゃのパスタだなんて、とってもおいしそうです~。
ハロウィンにもぴったり(笑)!
水っぽくない甘いかぼちゃですか~。
ニュージーのかぼちゃは、、、水っぽいかも^^;。
日本の甘いかぼちゃが恋しいです。
イタリアの野菜は、とってもおいしいんでしょうね~^^!

編集 | 返信 |  

ぴぎゃ  2008, 10. 22 (Wed) 08:58

こんにちは~!ちょっと自分のブログを必死に書いてる間に3つも記事がupされていた(汗
Masamiさんのお母様、お誕生日おめでとうございます!ローランさんのコメを読んで、あぁここにも横浜仲間がー!とちょっと興奮してしまいました。ご実家にMasamiさんのお部屋がまだ残ってるなんて、優しいご両親なのでしょうね!私の部屋は一人暮らしのために出て行った瞬間に物置に変化しましたよ・・・。

Masamiさんカボチャ好きなのですねー。
私は、芋・栗・豆のボソボソと乾燥した感じが好きじゃなくて、カボチャはべちゃべちゃの水っぽいほうがすきなのです・・w
イタリアでは日本とおなじようなカボチャが手に入りますか?ドイツでは日本のものに近いものが「HOKKAIDO」という名前で売られているんですが、結構小さいのと、表面がオレンジ色なのです。
写真を見るとパスタが綺麗に黄色に染まって見るからに食欲を誘いますね~♪
大好きなカボチャとパスタのスピードクッキングで秋を堪能してください☆

編集 | 返信 |  

piccolina  2008, 10. 22 (Wed) 12:26

かぼちゃだけでこんなに美味しそうなんて!!
今冷蔵庫にかぼちゃがないので冷凍庫のかぼちゃを使ってやってみようと思います♪
煮るところを調整すればきっと大丈夫ですよね☆

編集 | 返信 |  

ローラン  2008, 10. 22 (Wed) 20:45

かぼちゃのパスタなんて斬新です! こういう食べ方があるのか~と目から鱗が落ちる思いでした!
で、ぴぎゃさんのコメントを読んで、さんきゅー(彼)に「ドイツでは日本風のカボチャを『HOKKAIDO』と呼ぶんだって!」と言ったら「支離滅裂だな」と。はあ???っと思ったら、「北海道ではかぼちゃは採れんだろ」とのたまっていました^^; 
かぼちゃはカロリー低いのですか、イメージ的には逆でしたのでびっくり。このパスタ、是非とも試してみたいと思います。
都農ワイン、飲んだら感想をお伝えしますね♪ 
そして、是非ともご帰国の際はお食事かワインでもご一緒にお願いします\(^o^)/

編集 | 返信 |  

colnago  2008, 10. 22 (Wed) 23:01

現在の日本は、ハロウィンにちなんで街はカボチャのディスプレイだらけですよ~♪

私もカボチャ大好きです!
簡単で美味しく、更に低カロリーとは嬉しい限りです。レシピを参考に作ってみたいと思いま~す!(^^)!
それにしても、イタリアンって本当にすごいです。だってオリーブオイルとパルメザンチーズの組み合わせだけで、素晴らしく美味しいんですもの!!

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 22 (Wed) 23:41

*keitteyさんへ

美味しそうですか?有難うございます~♪

そちらのかぼちゃも水っぽいですか?
イタリアにも水っぽいかぼちゃも一杯出回っていますよ~。
だから丸ごと買ったら、切ってみるまでドキドキです(笑)
最近は、近所の八百屋さんが美味しいかぼちゃを扱ってくれているので
あまり失敗はしなくなりましたが・・。
イタリアの野菜、他は日本より数段美味しいと思います~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 22 (Wed) 23:53

*ぴぎゃさんへ

そうなんです、このところ調子良くブログをアップしているのですよ~(笑)

母へのお祝いメーッセージ、有難うございます~*そうですね!横浜仲間が増えましたね!!ちなみにぴぎゃさんの里帰りの予定は?ぴぎゃさんの部屋は物置になってしまったのですね~。
でもそういう人多いですよね!ちなみに家は私の部屋は残っていますが、兄の部屋は、現在祖母の部屋になっていますよ~!
ぴぎゃさん、イモ類のボソボソ感がキライなのですね!実はサラもですよ~(笑)ジャガイモはフライなどカリカリしていると食べますが、肉じゃがなどは全く食べないですよ~(涙)

イタリアでも表面がオレンジ色の水っぽいかぼちゃもありますが、日本のかぼちゃと同じようなのも手に入りますよ~!さんきゅーさんのご指摘にあったように、北海道ではかぼちゃを作っていないのに、かぼちゃの名前が「HOKKAIDO」、勘違いされる元ですよね~(笑)

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 22 (Wed) 23:58

*piccolinaさんへ

本当にかぼちゃだけで、とっても美味しくできるのですよ!
冷凍のかぼちゃでも柔らかくなれば問題ないと思いますよ*
かぼちゃは甘いものなので、ちょっと塩を入れると味が引き締まります。
パルメザンチーズと少量の塩がポイントになりますよ~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 23 (Thu) 00:03

*ローランさんへ

かぼちゃのパスタなんて斬新ですか?嬉しいな~♪
さんきゅーさんの鋭い指摘、確かにそうですよね!!
これでは北海道でかぼちゃを作っていると誤解されてしまいますよね~(笑)

このパスタ、本当にとっても簡単なので是非作ってみて下さいね!
日本のかぼちゃなら、まず美味しくできると思いますよ!

里帰り、ますます楽しみになりました*
是非、ワイン&食事会を企画しましょうね~♪

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 23 (Thu) 00:12

*colnagoさんへ

日本の街はかぼちゃのディスプレイだらけなんですね~!
イタリアではハロウィンはあまり浸透していないからか、
ここが田舎だからか、かぼちゃのディスプレイは殆ど見ないですよ~(笑)

colnagoさんもかぼちゃ好きですか?では、是非是非、作ってみて下さい!
「何で~?」と思うくらいかぼちゃだけで美味しいですから!
あっ、でもご指摘通り、オリーブオイルとパルメザンチーズが入るから
更に美味しくなるんですけどね~(笑)

編集 | 返信 |  

めぐみ  2008, 10. 23 (Thu) 09:54

私も南瓜が大好きですよ~*
特に好きな物は南瓜のジェラート♪
私がいた南イタリアではそんな野菜のアイスは見つけられず
少々がっかりしましたー。
北イタリアでは簡単に見つけられるかしら~?

でも南瓜選びって結構難しいのですよねぇ・・・。
食べてみないと分からなくないですか?(^_^;)
私はいつも当たりがあったりハズレがあったり、色々です。
とほほ。

編集 | 返信 |  

Masami  2008, 10. 23 (Thu) 15:37

*めぐみさんへ

かぼちゃもジェラート、確かに美味しいですよね~!
でもこの辺でもジェラート屋さんにはあんまり置いていないですね・・。
レストランではドルチェとし南瓜のジェラートなど、時々ありますけれどね!

私も南瓜、はずれるときは多々ありますよ~!
水っぽい南瓜の時は、スープに使うなど、お料理を変えるようにはしていますが、
はずれるとがっかりしますよね~(笑)

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。